MICROCOSMOS
top/info&map menu event party plan blog recruit about us ミクロコスモスモバイルサイト
event
Jan 2018 << Calendar Next month >>
2018.1.5 Fri. "John's by Johnny presents"「JOHN'S WORLD 」
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
Johnny and Frieds


PHENOMENONのプレス、SWAGGERにてデザイナーとして、近年では神出鬼没のラップユニット「LITTLE TOKYO」のフロントマンとしても活躍するJohnny。13年秋冬コレクションより満を持して新たなファッションレーベル「John's by johnny」を始動するなど常に、時代を先行してきた彼の世界観が垣間みれるパーティ。


<< Calendar

2018.1.6 Sat. Superb
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(ND) W/F 1,500yen(ND)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
DANCE SHOW
Casanova (MASAKI/TOMO/HIKARU/GENKI/SHOOT/TaKuYa/Maddy)
Sweet Room Produce by NaNa from OH GIRL!

DJ:
TOYO (WITT)
SHINYA
YO-SIN
Changyama

MC:
KUNI (KAMIKAZE CLOWNZ)


DJタイムとダンスショーケースという組み合わせで一晩を演出し、あらゆるクラウドを魅了しているパーティー"Superb"!
今回はCasanovaを筆頭に豪華ダンサー陣が出演。DJにはTOYO,SHINYA,YO-SIN,Changyamaの4人が登場し、一晩を盛り上げる。
2018年1発目の開催となる1月6日の土曜日は踊りに、飲みに、騒ぎに、ぜひMICROCOSMOSへ。さぁ新年会だ!

●ARTIST PROFILE
TOYO
多様なジャンルの音楽知識を持つTOYOはその豊富な知識をいかした幅広い選曲であらゆる場所、いかなる時間でもROCKしている。それは大小様々なCLUBやLOUNGE,BARなどで、MAIN TAIMEはもちろんOPENからCLOSEまですべての時間帯においてである。TOYOのDJ PLAYは幅広い年齢層のクラウドから支持されており、その実力も実証済みである。CLUB HARLEMにて毎週金曜日に開催されていた『The Finest』に2008年よりレギュラーとして加わり、その後の『PUNCH OUT!!!』でもレギュラーをつとめていた。その他にも、NYのDJ / プロデューサーであるELI ESCOBARの2012年と2013年に行われたJAPAN TOURを企画し共にDJをするなど、海外のDJとの競演からNIKE, FRANK, MISHKAなどのカルチャーの発信源となるイベントなどでもPLAYした経験がある。今現在もレギュラーイベントから単発のイベント、HIP HOPのPARTYからHOUSE,DISCOのPARTY等、年間多くのDJを東京を中心に全国各地で行っている
http://djtoyo.blogsopt.jp/

YO-SIN(M_P_S)
HIP HOPのプロダンサーとして、米国New YorkやLAでの経験も活かし、東京を中心に活動(ZOMBIE KIDS、7☆所属)、ソロダンサーとしてもステージで活動するほか、テレビ出演、アーティストのコリオグラフ(振り付け)、演出、プロデュース、モデルの分野でも活躍中。またダンサー専門のマネージメントオフィスも設立し、人生すべてをダンスに注ぐ熱いダンサーの一人である。

<< Calendar

2018.1.7 Sun. THE PARTY
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist BINGO from Habanero Posse
TARO(PIGALLE)
KASUMI(MAGIC STICK)
DJ謝謝
DJ 淵
and more


MICROCOSMOSの楽しさの真髄を味わうパーティ”THE PARTY”2018年度1発目!!
今回もMICROCOSMOSに出演しているDJ達が集まりワイワイガヤガヤと賑わい2018年の幕開けを盛り上げる。
普通のパーティに飽きてしまった人でもここに来れば楽しめるはず!!

●ARTIST PROFILE
BINGO
HABANERO POSSEの向かってLEFT SIDE。DJプレイのテーマは、"IRONY & SEXY"。あえてジャンルを言うならば、"SEXY BASS & DIRTY GHETTO MUSIC"。ヘビーベースなブランニュートラック中心の選曲、様々なクラブミュージックのアーカイブなど唯一無二のプレイスタイルが GWIG。特にMoombahtonに於いては国内の第一人者とされる。block.fmのレギュラー番組『WICKEDPEDIA RADIO』のパーソナリティー兼DJを担当。また、DEXPISTOLSの別名神出鬼没ユニット『DEXPISTOLS SOUND SYSTEM』のMCとしても活躍中。

<< Calendar

2018.1.12 Fri. FUNKY MAGIC-SHIN-NENKAI PARTY 2018-
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre HIP HOP
・Artist DJ:
Itooo
Changyama (BIGDOGSS)
DAISUKE (MAGIC STICK)
KRKW
DaBook
KSK (BEARARMZ)
VIVIAN
and more


DANCE UNIT『BEARARMZ』のKSKがオーガナイズするFUNKY MAGIC×microcosmosの大新年会!!
『DANCE』をテーマに新旧問わずHIPHOP、R&B、HOUSE、FUTURE BASS等幅広くダンスミュージックが楽しめるPARTYの2018年度幕開けだ!
新年会ということもあり、決定出演者以外にも当日飛び入りアーティストが現れるかもしれない。
2018年度新年会、呑んで踊ってみんなで乾杯しよう!!


●ARTIST PROFILE
Changyama (BIGDOGSS)
ファッションとカルチャー、そしてダンスを融合させた「ANDRE」「KEEPER」「CHANGYAMA」「KANE$ THE MOON」「LEEGET」の5人からなる次世代を代表する神出鬼没的ダンス集団『BIGDOGSS』のメンバー。メンバーそれぞれがダンサーとしての活動だけでなく、アーティストやグラフティックデザイナー、DJ、フォトグラファーとして活躍している。独特の目線でカルチャーを捉えたShow Caseは、HIP HOPを軸に”マチガイナイ”パフォーマンスでフロアーをロックし続けており、2015/10/10には念願の『BIGDOGSS』メンバー自身のセレクトショップ【Blue corner】を洗足にOpenさせる。また近年では最強スーパーダンスチーム『J.S.B Underground』のメンバーとしても活動中。
DAISUKE (MAGIC STICK)

KRKW

1982 生まれ
2002 都内専門学校卒業
2002 スタイリスト小池徹氏に師事
2007フリーランススタイリストとして独立
DaBook
HIPHOP/R&B を軸にMOOMBAHTON/ZOUK BASS/TRAP/JUKE/JERSEY CLUBまで、彼がプレイするサウンドの幅は広い。しかし、彼のプレイにはジャ ンルやカテゴライズを超えたある種の統一された世界観がある。それは、音楽をジャンルやカテゴライズで捉えるのではなく、無偏見なビジョンで彼自身の根底 に存在する"確かなもの=黒いグルーヴ"という価値観で捉えているからに他ならない。活動の場も多岐にわたり、都内主要クラブでの数々のブラックミュー ジック、ベースミュージックのパーティーはもちろん企業のレセプションパーティーやショップのインストアDJなどもこなし幅広く活動中。またモデルとして雑誌を中心に広告やファッションショーなどでも活躍をしている今最も注目すべき人物の一人である。


<< Calendar

2018.1.13 Sat. HOW STUPID inc NEW YEAR PARTY
・Open TBA ADM
・Charge TBA including FOOD
・Genre HOUSE/TECHNO
・Artist DJ
Watusi (COLDFEET / TDO)
SATORU KURIHARA (Jazzin’park)
AYUMi
DJ SAIMURA (TECHVANE)
and more

FOOD
米澤食堂


今年もHOW STUPIDが新年会を開催!!
馬鹿になれ とことん馬鹿になれ
恥をかけ とことん恥をかけ
かいてかいて恥かいて
裸になったら見えてくる
本当の自分が見えてくる
本当の自分も笑ってた
それくらい
馬鹿になれ
by アントニオ猪木

●ARTIST PROFILE
Watusi (COLDFEET / TDO)
Lori FineとのユニットCOLDFEETのプログラマー / ベーシスト/ DJ。COLDFFETのユニークな世界観は国内外で評価を受け、ソロワーク含めUK、US、EUからアジア各国でも多くの作品がリリース。国内外の数々のダンスチャートを席巻。国内では中島美嘉の多くのシングルを始め、hiro、安室奈美恵、BoAなどを手がけ、アンダーグラウンドとメジャーを繋ぐ多忙なプロデュース・チームとしても活躍。またChristian Dior、Hermès、Cartieなどハイブランド系の海外をも含むパーティへのゲストLiveやDJ、楽曲提供も多く独特のポジションを築いている。執筆活動も多く、自身の制作ノウハウを詰め込んだ「DAWトラック・メイキング」やディスコ/ブギー・ミュージックのディスク・ガイドなど3冊の著書はAmazon音楽書籍部門1位を始め好セールスを記録。‘14年にはワールド・ワイドに展開する独自のテクノ・スタイルでのソロ作品を連続リリース。元祖アニソン・コスプレDJ、サオリリスから三上博史まで多彩なゲストを招き、オリジナリティ溢れるTokyo Techno Musicを世界発信。翌’15年にはTokyo発、正しいDiscoをキーワードに「TDO (Tokyo Discotheque Orchestra)」を結成、SILVA、GILLEなどをフィーチャーしたEPを連続リリース。
2017年1月1日には1stアルバム"Tokyo Discotheque Orchestra"をリリース。
House/TechnoからDiscoまでをバレアリックに繋ぐTokyoのキーパーソンとして、今後もその勢いは停まる事を知らない。
http://www.coldfeet.net" www.coldfeet.net
http://www.facebook.com/Watusi.COLDFEET"www.facebook.com/Watusi.COLDFEET/

SATORU KURIHARA (Jazzin’park)
2003年DJとして活動を開始。2005年楽曲制作開始後、2006年12月、久保田真悟と共に’Jazzin’park’を結成し、1stアルバム「Jazzin'park」をリリースする。アルバム発売後都内大型レコード店ではジャパニ-ズクラブチャ-ト1位を獲得、その後も2nd、3rdアルバムも常にチャートの上位をキープするなど、クラブミュージック以外にも幅の広い作風で、多くの支持を受ける。2011年12月には結成5周年を記念したセルフカバーベスト「Take Ship」もリリースするなど不動の人気を得ている。
近年では、Kis-My-Ft2、清水翔太、TEE、柴咲コウ、北乃きい、SUPER☆GiRLSなどの作曲、作詞、リミックス、ツアーサポートDJとして制作、プロデュースワーク、DJと多彩な活動を行う。
他にもカフェ、レストランのプロデュース、アルバムのジャケットデザイン、ウェブ、プロデュースワークなどもチームで手がけその活動の幅を広げている。
そして2013年11月にはJazzin'parkとして楽曲提供CD累計枚数100万枚突破し、2年振りの新曲「On and On」をリリース。I TUNE DANCEチャートではZEDD、AVICIIに続く3位に輝き、不動の人気を証明した。また、DJ RYUZOとのユニット"DANGEROUS STRIPPERS"での活動もスタートさせ、新たな一面を魅せる。
www.jazzinpark.com
http://ameblo.jp/jazzinpark/

DJ SAIMURA (TECHVANE)
ミニマルをバックボーンにテクノ/テックハウス/プログレッシブハウスといったジャンルを主軸とし、独特な審美眼によってジャンルの狭間をかいくぐったバウンシーでグルーヴィーな選曲は、オーディエンスを愉しませると共に、共演したアーティスト ・レジデントパーティを持つeleven、MODULE、WOMB、AIRのスタッフからの評価・信頼が厚く多数のオファーを受けている。またShinya MiyachiとのユニットMINIMA LIEBENZでは Guitar / Violin / Keyboad / moog等を駆使したLIVESETを披露している。
某レコード会社ディレクターの父とプロダンサーの母の元に生まれ数万枚のレコードに囲まれる環境で育った事、そして20代前半に働いていたショップで取り扱っていたKOMPAKTをはじめとするミニマルとの出会いが現在のプレイの礎となっている。
”TECHVANE@module (RESIDENT / Q'HEY , A.Mochi , HIDEO KOBAYASHI , SAIMURA) / WOMB LOUNGE"、Chris Liebingが主宰する世界的テクノレーベルCLRのCLR NIGHT TOKYO、"WAVE@WOMB"、"DONUTZ@AIR (RESIDENT / DJ YUMMY)"、”ONENESS@eleven”
不定期でageHa WATER / BOX、石野卓球レジデントパーティー"STERNE@WOMB"やRICHIE HAWTIN WORLD TOUR@WOMBのフロアオーガナイズ等をし、アーティストのみならずパーティープロデュースの才能も遺憾なく発揮している。
"Japan Fashion Week in Tokyo 2010 After Party@Le Baron de Paris""TOMMY HILFIGER Tokyo Collection After Party" 、"Garcia Marquez New Shop Opening Reception AfterParty"等のファッション系パーティーへの出演、JFN系列全国放送のラジオ番組やTaku☆Takahashi(m-flo)主宰のインターネットラジオBlock.FM、宇川 直宏(VJ / 現代美術家)主宰ライヴストリーミングチャンネルであるファイナルメディア「DOMMUNE」への数々の出演が全国各地のリスナーからの多くの反響を呼ぶ等、多方面での活躍は彼の無限大の可能性の一片でしかない。


<< Calendar

2018.1.19 Fri. RELATIVE-03-
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(ND)
・Genre TECHNO
・Artist RESINDENT:
MARIA FUJIOKA

ACT:
HISASHI SAITO
CD HATA (Dachambo)
MONNA LISA (Siine)


華やかなハイブランドのパーティのDJや代々木VILLAGEでレコードのセレクターを務めるなど常に音楽を追求するミュージックトラベラー”MARIA FUJIOKA”のレギュラーパーティ”RELATIVE”。
華々しくスタートを飾りスタートしたパーティの3回目となる。回を重ねる度に熟成されていく注目のパーティ。

●ARTIST PROFILE
MARIA FUJIOKA
CHANELやアルマーニを始めとするハイブランドのレセプションパーティーを中心に活躍中のDJ MARIA FUJIOKA。 代々木VILLAGEでレコードのセレクターを務めるなど、常に音楽を追求するミュージックトラベラー。 2015年夏、野外テクノフェス「SLEEPING BAG OPEN AIR PARTY 」に出演し彼女の実力は評価された。同年、期間限定でオープンしたポップアップストアーCORONA SUNSETS BAR HARAJUKU のレジデンドDJに就任。自身にとってのクラブミュージックの原点でもある Techno/Minimalを軸としたDJスタイルが特徴。その持ち前の華やかさとセンスで多方面からのオファーを得ている。

<< Calendar

2018.1.20 Sat. VK SOUND-NEW YEAR PARTY-
・Open 23:00
・Charge 2,000yen(1D)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
Alex Shu Nissen
Cab
Daichi Kobayashi
George a.k.a. NOVA
Kenya Komatsu
Nonaka
Shun Takano
Shika
Takuya Kusunoki
Todo
and more


毎回ジャンルにこだわることなく来る人全てが楽しめるVK SOUND。2018年も引き続きメンバーそれぞれの個性が光る選曲で、ジャンルレスな音の空間を演出。彼らならではのグルーブ感と、ご機嫌さを売りに活動する。

●ARTIST PROFILE
Alex Shu Nissen

George a.k.a. NOVA

Kenya Komatsu

Nonaka

Shun Takano

Shika

Takuya Kusunoki


<< Calendar

2018.1.26 Fri. Somehow
・Open 24:00
・Charge 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP
・Artist GUEST DJ:
MAGARA
KEN-SKE

DJ
CO-HEY
UDAGAWA
SHOW_Schott
LAX
Vivian
BIDO
SCOOBY with YO-SUKE
SHINGOSTAR
and more

photo
TANIO


2018年より新しくミクロコスモスでスタートした”Somehow”
毎回各シーンでのキーマンをゲストに呼び今のトレンドをいち早く配信。
イベント名の通り”不思議と”はまってしまうパーティを是非体感してみては。1回目のゲストは東京ストリートシーンの大物MAGARA from A-1 CLOTHINGとmicrocosmosで土曜日のセレクターをつとめるなど数々の現場をこなすKEN-SKEの豪華2名が出演する。早くも話題沸騰のパーティとなっている。


●ARTIST PROFILE
MAGARA
from A-1 CLOTHING, MASTERPIECE SOUND。
JAMAICANA、 JAPANESEの良質なDUB PLATEを多数所有し、最新のDANCEHALLから古き良きREGGAE CLASSIC、HIP HOPにR&Bと幅広い選曲でDANCEを盛り上げて、踊らせるジョグリンサウンド、MASTERPIECE SOUNDの看板セレクター、MAGACHINことMAGARA。
ブラックミュージックへの豊富な知識からなるそのセレクションで、ダンスフロアを永きにわたりロックし続けている。また、若者に絶大な人気を誇るアパレルブランド、MASTERPIECEを手掛けたことでも知られる東京ストリートシーンの大物である
KEN-SKE
新たなスタイルやフォーマットの登場で、いまや誰もが『DJ』と名乗ることの出来るこのご時世・・・この現象は数多の似非DJを量産する事態を引き起こしている。
DJ KEN-SKEはモデルでもセレブでもなくトラックメーカーでもない、根っからの現場重視のクラブDJである。
HIP HOPやR&B・REGGAEはもちろんのこと、HOUSE・ELECTRO・DISCO・SOUL・RARE GROOVE・TOP 40等、現場に応じて様々なジャンルや年代をブレンドした彼のスタイルは、一般層からクラブフリークまでをもロックし、各所で賞賛を得ている。
また、第一線で活躍するDANCERやDJ、プロモーター等の業界関係者からも熱い支持を受けており、年間100本以上のバーティーをこなす。
現在、HIP HOPの聖地として名高い渋谷のCLUB HARLEMにて長年続く、毎週火曜日開催のモンスターイベント『RED ZONE』の階上、BX CAFEにて『ROYAL FLUSH』という名のパーティーのレジデントDJを務め、古きよき時代のRAPや、DISCO・HOUSE等のダンスミュージック全般のさらなる探求を実践しているが、それは単なる懐古主義とは一線を画すもので、彼のミュージック・ライフが現在進行形で反映されたものとなっている。
また、前述した『RED ZONE』でも不定期でプレイしている他、VUENOS TOKYOの最長寿イベント『HOT JAM』や『GIRL SPOT』、CLUB AXXCIS『GOLDEN GATE』のような週末のビッグパーティーや、CLUB BAR FAMILY『JETER』のようなアットホームなパーティー等でも活躍中。
「ゆりかごから墓場まで、iPODからアリーナ級の大箱までをもロックする」がモットー。
B-BOYスタンスで多方面にアプローチし続ける、今後の活動も要注目のDJである。
CO-HEY
知人の影響でFunk,Soul,Roots Reggaeに魅了され7インチレコード集めが趣味で音楽没頭し、福岡の高校卒業と同時に知人の影響でDJを始める。
渋谷HARLEM,渋谷VISION,新木場ageHaを始め、名だたるCLUBで現場をこなす。
渋谷HARLEMで毎週開催されるRED ZONEにて5年間レギュラーでPLAYし2週目にBXCAFEで開催される80S、HOUSE,DISCOをコンセプトとしたイベントORANGE BLOODに出演。
最近では新木場ageHaでおこなわれた自身がオーガナイズに関わっているThe Rulers Backでも成功をおさめた。
LIVE DJ ではメジャーデビューを果たしたJya-MeのバックDJとしても活動し、 多方面ではアパレル関係などのレセプションパーティー等での幅広い分野でのDJ出演をこなしている。
HIP HOPを軸に新旧ジャンルにとらわれず独自の感覚で、どんな時間にも対応出来る彼の選曲の幅の広さは同業者からも指示を得ている。 これからの彼の動きに期待。
LAX

BIDO

SHINGOSTAR


<< Calendar

2018.1.27 Sat. PARISA PRESENTS "WHAT A TIME" BIRTHDAY EXCLUSIVE
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
LIVE (TALKBOX) : Matzuda Hiromu

DJ:
NINA (LOUD CITY)
Harada Kosuke
DaBook
PARISA
and more

DANCE :
Shanti + RIRI
Bgirl MiMz (DEAD STOCK / BGSK / KEEP IT REAL)


アメリカ、西海岸ストリートカルチャーの中でも重要なクルー50Kに属するPARISA。50Kは、NIKE、UNDFTDのキャンペーンや様々な媒体でフューチャーされることで知られるが、本拠地ロサンゼルスのみならず、世界中でファッション、音楽、アートカルチャーに深く精通する。そんなPARISAが仲間を引き連れ1月27日にミクロコスモスでPARTYを開催する。

●ARTIST PROFILE
Harada Kosuke
1992年生まれのDJ/Creative Director
都内を中心に全国各地で年間150本以上のGIGをこなしレストラン、HOTELBAR、CAFEでの選曲からCLUB PLAYまで幅広く活動している。
また国内のみならず2017年にはWONKのヨーロッパツアーにDJとして同行しParis,Berlin,LondonでPLAYをするなど精力的に活動を続けている。
現在はKEIJU ex YOUNGJUJUのBACK DJを務めている。
また様々なアーティストのツアーやイベントを企画、運営したりアーティストの流通やレコーディングに携わるなどCriative Directorとしても活動中。
PARISA

https://www.parisa-web.com/
DaBook
HIPHOP/R&B を軸にMOOMBAHTON/TWERK/TRAP/JUKE/JERSEY CLUBなどなど、彼がプレイするサウンドの幅は広い。 しかし、彼のプレイにはジャ ンルやカテゴライズを超えたある種の統一された世界観がある。 それは、音楽をジャンルやカテゴライズで捉えるのではなく、無偏見なビジョンで彼自身の根底 に存在する"確かなもの=黒いグルーヴ"という価値観で捉えているからに他ならない。活動の場も多岐にわたり、都内主要クラブでの数々のブラックミュー ジック、ベースミュージックのパーティーはもちろん企業のレセプションパーティーやショップのインストアDJなどもこなし、2015年には世界最大のダンスミュージックの祭典ULTRA MUSIC FESTIVALの日本版、ULUTRA JAPAN2015にも出場。 またモデルとして雑誌を中心に広告やファッションショーや、大手ブランドのLOOKモデルなどでも活躍をしている今最も注目すべき人物の一人である。
Shanita + RIRI
ダンサー
シャニータとリリの二人組のチーム
ダンサーでありながらモデルや映像など幅広く活躍するこの二人
showcaseではスキルに固着しず本来のダンスの楽しさや遊びの感覚を忘れないコンセプトの上でオーディエンスを沸かしている。
独特なグルーヴが特徴的で個々の個性も活かしながら二人の息がぴったりあったパフォーマンスをお楽しみ下さい

Bgirl MiMz (ミームス)
出身: 石川県金沢市生まれ
レペゼン: KEEP IT REAL, BGSK, DEAD STOCK CREW
4歳からダンススタジオでHIPHOPを習い始め、9歳の時にAIR REALの真澄さんに出会いブレイキンの道へ進む。
LAへ留学中にBGSKとのルームシェアした事により、踊りだけでなくHIPHOPなライフスタイルを経験し、また様々な結果を残した後に帰国。
現在は東京に拠点を置き、スタイルの確立やBGIRLとしての2面性をレペゼンする唯一無二の存在を目指す。

(TALKBOX) : Matzuda Hiromu

NINA (LOUD CITY)


<< Calendar