MICROCOSMOS
top/info&map menu event party plan blog recruit about us ミクロコスモスモバイルサイト
event
Nov 2017 << Calendar Next month >>
2017.11.2 Thu. “Red Bull Music Festival - 渋谷エンタメフェス feat Many DJ’s”
・Open 23:00
・Charge 料金: 〈14 店舗回遊リストバンド料金〉
●当日 MEN 3500 yen+1RedBull WOMEN 1500 yen+1RedBull ※イベント当日リストバンドをお買い求めのお客様は、各店舗のエントランスにてご購入いただけます。
・Genre HOUSE/HIP HOP
・Artist アフロマンス
ABO
KENTARO TAKIZAWA
KICK OFF
Huuy
佐武宇綺(9nine)


●前売り MEN 3000 yen+1RedBull WOMEN 1000 yen+1RedBull
※前売り券をお持ちのお客様は、各店舗のエントランスか、別途サテライト会場にてリストバンドとご交換ください。

渋谷の夜が一つになる!! リストバンドを購入すれば、14 店舗全ての会場が回遊可能。クラブで遊び慣れ た人も、そうでない人も間違いなく楽しめる♪ 気になるあのお店にも行けるとっておきのチャンス☆ オ ールでハシゴして渋谷の夜を遊びたおそう!!

▪️TIME TABLE
////
23:00 Huuy
00:00 KICK OFF
01:00アフロマンス
02:00 KENTARO TAKIZAWA
03:00 佐武宇綺(9nine)
03:45 ABO
04:30 FIN
///


●ARTIST PROFILE
アフロマンス
アイディアで非日常体験をつくりだすパーティークリエイター/DJ。株式会社Afro&Co.代表。
ソーシャル時代のインサイトを捉えた体験の設計、メディアやSNSの情報の設計、新感覚の空間プロデュースなど、幅広く手がける。
これまでの実績として、2012年、都内初の泡パーティーを主催し、数日で3000名の応募が殺到。その後「泡パ®」の名称で全国に展開し、野外フェス「泡フェス」や、ファミリー向けの「泡パーク」など、様々なアーティスト、企業、地方自治体、コンテンツとコラボレーションしながら、日本に「泡ムーブメント」を巻き起こした。
また、1万枚のチケットが即ソールドアウトした街中を巨大ウォータースライダーに変える「Slide the City」、28万名の応募が集まったスカイランタンを飛ばす絶景フェス「The Lantern Fest」の他、平日の朝6時半から通勤通学前に踊る「早朝フェス」、ハウスミュージックに合わせてマグロをさばく「マグロハウス」、有明海の干潟の泥に浸かれるバー「GATA-BAR from SAGA」、原宿に出現したギャザリング専用スペース「Star Gathering House」など、手がけるプロジェクトは多岐に渡る。
エンターテイメントの可能性を信じ、世の中に新しいワクワクを提供するべく活動している。
ABO
DJ /DJ講師/音楽制作/たまに文章も。 幼稚園から大箱まで色んなDJブースに神出鬼没。ハウスミュージックをピッチダウンしてかけるSQREW HOUSEというスタイルを提唱しています。 ブッキング、その他お問い合わせは abolabo84@gmail.com まで 桜木DJアカデミーという私塾の代表もやってます。
KENTARO TAKIZAWA
東京都出身。12歳でハウスに触れ、14歳で音楽制作を開始。19歳でDJを始めたのをきっかけに、本格的にハウスを制作し、23歳でデビュー。これまでにflower records(JP)、avex(JP)、その他のレコード会社からリリースを重ね、オリジナルアルバムは述べ5枚をリリース。手がけたリミックス/プロデュース作品の数は50作を超える。
過去に発表した「Can't Stop feat. Lisa Shaw」は、BeatportのFrancois K.チャートにランクイン。最近ではbeatport主催のBasement Jaxx/Unicornリミックスコンテストで投票数世界第3位を獲得。さらに、SindenやYolanda Be CoolのリミックスをSUSHI RECORDSよりワールドワイドリリース等、日本を代表するプロデューサーの一人となっている。2017年は自身の母体となるレーベル「Haus it Feelin' Records」を始動予定。
DJとしては2012年夏に単身バルセロナに居を移し世界各国を歴訪し各国のクラブでのプレイ、またジャスティンビーバーが出演した"World Stage Live in Malaysia 2012"のアフターパーティーでメインの時間をプレイ。帰国後は、海外体験で得た新しい「HOUSE」の感性を軸に活動の幅を広げている。近年ではSam Feldt、Nora En Pure、Gorgon Cityを始めとした新世代ハウスプロデューサーの来日公演でのDJ出演。現在は青山ZERO、渋谷WOMB、渋谷CONTACTのレギュラーパーティーの他に、全国各地でもプレイし精力的に活動している。さらに、Block FMではマンスリーハウスプログラム「Haus it Feelin' ?」を担当。
プロデューサー/DJとして、これまで以上に幅広く活動中。
KICK OFF
m-flo☆Taku Takahashiが主催したCDJ BATTLE大会で初代グランドチャンピオンに輝いたDJユニット。
国内外のDJ TOP50を選出するiLOUD 50/50 DJランキングで2014年初登場にして29位を獲得。
コピーライターでもあるFUJIKEN(赤)の選曲とアイディアに、石橋楽器主催日本で唯一のCDJ大会CNS BATTLE3ファイナリストDJ GO(青)のミックス技術が融合。CDJ×ターンテーブル×サンプラー×マッシュアップを武器に、LIVE感あるPlayを展開。
あらゆるジャンルの音楽をマッシュアップし独自に編集したDJ Re-Edit音源のみのミックスは話題になり、各メディアで"和製2many DJs"と評された。
国内外トップDJ陣が参加するダンスミュージック専門ラジオ局『block.fm』において、実力派のNew DJ'sをフィーチャーする番組に初回ゲストとして出演後、自身の特番『Hoooooooligan』もオンエアされる。
都内大箱でのレギュラーパーティ以外にも、北海道、大阪、京都、静岡、名古屋、岡山、広島、山口、福岡、沖縄など全国へ遠征。また大型フェスでも『MUSIC CIRCUS'14』、六本木ヒルズアリーナ『Ray-ban InterMIX』、幕張海浜公園『OTODAMA BEACH PARTY』、『泡フェス』、『Slide the city』などにも出演し、活躍の幅を広げている。
Huuy
根っからのHouse DJでDeep House、Tech House、Minimal、Technoなどから抽出され紡ぎ出されるMIXは、時にエレクトロニックなサウンドで突き動かし、時には心に響く旋律で情緒的な世界へと連れていく。新たな楽曲のリリースを予定しており、これからの活躍が楽しみなDJである。
Started DJing at the age of 16. Play DJing all over Japan, Miami and Ibiza. His new tracks will be released. Check it out! You want one of these ?
佐武宇綺(9nine)
▪️佐武宇綺(9nine) ガールズパフォーマンスユニット9nine(ナイン)メンバー。 日本武道館での単独公演を成功させるなど、 観客に「最高の幸せ」を届けるという想いを込め、“Cloud9”を掲げたライブパフォーマンスを行っている。 2017年12月26日にはZepp東京にてワンマンライブ開催が決定している。 今夏は、スパイダーマン、X-MENなどで知られる、"アメコミ界の巨匠"スタン・リー氏と、 日本を代表するアニメ監督、長濱博史氏との共同原作で話題の オリジナルヒーローアニメ「ザ・リフレクション」(NHK総合)にて、 日本の女子高生ヒーロー、9th Wonder ”ウキ”役としてレギュラー出演、 さらにアニメ「ザ・リフレクション」テーマソング「SunSunSunrise」を9nineが担当。 本楽曲は、アニメの劇伴を手がけるプロデューサー、トレヴァー・ホーン氏が9nineの為に書き下ろしたオリジナル楽曲となっており、 トレヴァー・ホーン氏の日本のアーティストの楽曲プロデュースは初である。 9nineは、トレヴァーホーンバンドと「SUMMER SONIC 2017」にも出演。 また、佐武ソロとしては、2014年からDJ活動を開始。 本格的かつ正統派なプレイスタイルで様々なクラブイベントに出演している。 「DOMMUNE DE DE MOUSE special!!!!」 @DOMMUNE/「SUNNY SIDE UP」@渋谷WOMB/ 「not」@代官山UNIT/「泡パ-GIRL'S SUMMER-」@渋谷clubasia/「tamapa 2017」@代官山 Sankeys TYO/ 「DENON HP 50th Special DJ Night」@渋谷O-nest/「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」(TBSラジオ)/ 「SPACE☆DANDY NIGHT~It’s time for the party!!~」@代官山UNIT/他 歌手、DJ、声優と、人並み外れた才能を発揮するハイブリッドガール。

佐武宇綺Twitter
@lespros_uki
https://twitter.com/lespros_uki
佐武宇綺Instagram
@9nineuki
https://www.instagram.com/9nineuki/
9nineオフィシャルサイト
http://9nine-fan.lespros.co.jp/


<< Calendar

2017.11.3 Fri. "John's by Johnny presents"「JOHN'S WORLD 」
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
Johnny and Frieds


PHENOMENONのプレス、SWAGGERにてデザイナーとして、近年では神出鬼没のラップユニット「LITTLE TOKYO」のフロントマンとしても活躍するJohnny。13年秋冬コレクションより満を持して新たなファッションレーベル「John's by johnny」を始動するなど常に、時代を先行してきた彼の世界観が垣間みれるパーティ。

<< Calendar

2017.11.4 Sat. Superb
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist DANCE SHOW:
JUNJI+KOTA+Changyama+KEEPER
ENA(B150)&George(PRIME TIME)
SQUID&DEVILFISH (UCHIKO&YACHEEMI)
BlackIIImurai
NOZO+もいこ

DJ:
KEN-SKE
TOYO (WITT)
YO-SIN
Changyama

MC:
KUNI (KAMIKAZE CLOWNZ)


DJタイムとダンスショーケースという組み合わせで一晩を演出し、あらゆるクラウドを魅了しているパーティー"Superb"!
今回もJUNJI+KOTA+Changyama+KEEPER、ENA(B150)&George(PRIME TIME)、SQUID&DEVILFISH (UCHIKO&YACHEEMI)を筆頭に豪華ダンサー陣が出演。もちろんDJにはKEN-SKE,TOYO,YO-SIN,Changyamaの4人が登場し、一晩を盛り上げる。
今年最後の開催となる11月4日の土曜日は踊りに、飲みに、騒ぎに、ぜひMICROCOSMOSへ!

●ARTIST PROFILE
KEN-SKE
新たなスタイルやフォーマットの登場で、いまや誰もが『DJ』と名乗ることの出来るこのご時世・・・この現象は数多の似非(エセ)DJを量産する事態を引き起こしている。 DJ KEN-SKEはモデルでもセレブでもなくトラックメーカーでもない、根っからの現場重視のクラブDJである。 HIP HOPやR&B・REGGAEはもちろんのこと、HOUSE・ELECTRO・DISCO・SOUL・FUNK・RARE GROOVE・TOP 40等、現場に応じて様々なジャンルや年代をブレンドした彼のスタイルは、一般層からクラブフリークまでをもロックし、各所で賞賛を得ている。 また、第一線で活躍するDANCERやDJ、プロモーター等の業界関係者からも熱い支持を受けており、年間100本以上のバーティーでプレイし、国内はもとより国外の著名DJからの信頼も厚い。 パーティーの規模も種類も、はたまた国境や人種も、あるいは時空をも飛び越えて広く深くカバーする力量は驚愕に値する。 そして今も変わらずレコードへの愛情を持つ数少ないDJの中の一人であり、なおかつデータ音源やラップトップ等のデジタルツールも積極的に取り入れる、いわばアナログとデジタルのギャップを繋ぐ架け橋の様な希有な存在である。 現在、HIP HOPの聖地として名高い渋谷のCLUB HARLEMにて長年続く、毎週火曜日開催のモンスターイベント『RED ZONE』の階上、BX CAFEにて『ROYAL FLUSH』という名のパーティーのレジデントDJを務め、古きよき時代のRAPや、DISCO・HOUSE等のダンスミュージック全般のさらなる探求を実践しているが、それは単なる懐古主義とは一線を画すもので、彼のミュージック・ライフが現在進行形で反映されたものとなっている。 その一例として、ストリーミング番組の中でも屈指の人気を誇る『DOMMUNE』に出演し、オールヴァイナルで90’s HOUSEのセットを披露、延べ10000人近い目/耳の肥えたビューアー達から高い評価を得た。 また、前述した『RED ZONE』でも不定期でプレイしている他、CLUB AXXCIS『GOLDEN GATE』のような週末のメインストリーム主体のビッグパーティーや、CLUB BAR FAMILY『JETER』のようなアットホームなパーティー等でも活躍中。 制作面では2010年にZEN-LA-ROCKの『MASH-LA-ROCK』にてMIXを担当。世間のおおよその人間を裏切るような想定外のサウンド/キャスティングによってFUNK布教に加担した罪は大きい。 「ゆりかごから墓場まで、iPODからアリーナ級の大箱までをもロックする」がモットー。 B-BOYスタンスで多方面にアプローチし続ける、今後の活動も要注目のDJである。
TOYO
多様なジャンルの音楽知識を持つTOYOはその豊富な知識をいかした幅広い選曲であらゆる場所、いかなる時間でもROCKしている。それは大小様々なCLUBやLOUNGE,BARなどで、MAIN TAIMEはもちろんOPENからCLOSEまですべての時間帯においてである。TOYOのDJ PLAYは幅広い年齢層のクラウドから支持されており、その実力も実証済みである。CLUB HARLEMにて毎週金曜日に開催されていた『The Finest』に2008年よりレギュラーとして加わり、その後の『PUNCH OUT!!!』でもレギュラーをつとめていた。その他にも、NYのDJ / プロデューサーであるELI ESCOBARの2012年と2013年に行われたJAPAN TOURを企画し共にDJをするなど、海外のDJとの競演からNIKE, FRANK, MISHKAなどのカルチャーの発信源となるイベントなどでもPLAYした経験がある。今現在もレギュラーイベントから単発のイベント、HIP HOPのPARTYからHOUSE,DISCOのPARTY等、年間多くのDJを東京を中心に全国各地で行っている
http://djtoyo.blogsopt.jp/


<< Calendar

2017.11.10 Fri. Wheel
・Open 24:00
・Charge 1,500yen(1D) SK8 1,000yen(1D)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJ
Top Choice
NAGI
masanoshin

Live
ch_ill&青二才
rotari
jumLiv

Live paint
kyota ono

skate movie
tsurumidays crew

movie title “TRM-900”


skate boardのカルチャーを背景にlive、DJ、paint、それぞれの形で表現するHiphopイベント。
今回は、スケートボード持参で入場料が1000円になる。
次世代のヒップホップシーンを背負う彼らが当日どのようなパフォーマンスを見せてくれるのかが楽しみだ!

<< Calendar

2017.11.11 Sat. MEITEI NIGHT supported by Tres Magueyes
・Open 24:00 ※レストラン22:00 closed
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist GUEST DJ
DJ HASEBE

LIVE
“underslowjams×MEITEI unit”
・underslowjams+DJ SOMA,
・MEITEI unit : YO-SIN+TAKA+RICKY+Ryohey

DJ:
ALAMAKI
K27T (CLBUN)
DJ SOMA

Performance:
MEITEI GOGO DANCE : YuYu & NATSU



知る人ぞ知るオルタナティブ HIP HOP BAND「underslowjams」。
彼らの酔っ払いチューン「最後にテキーラ 飲んだの土曜」でおなじみの「酩酊」。なんとそんな「酩酊」にちなんだこちらのPARTY。その名も「酩酊ナイト」がMICROCOSMOSで開催デス!この日のunderslowjams のLIVEは、なんと “underslowjams × MEITEI unit” と記載の通り、普段のBANDセットに加え、 ダンサーのYO-SIN+TAKA+RICKY+Ryoheyとのコラボライブ。さらにMEITEI GOGO DANCE に YuYu & NATSUを迎えとんでもない一夜が実現。
迎えるDJ陣にはALAMAKI、K27T (CLBUN)
、DJ SOMAそしてGUEST DJにはDJ HASEBEが登場。当日会場では限定で「酩酊 T-SHIRT」が販売か?!11/11はMICROCOSMOSへ急げ!

●ARTIST PROFILE
DJ HASEBE
DJ/ サウンド・プロデューサー。1990年よりDJとしてのキャリアをスタート。1998年にSugar Soul & Zeebraを迎えた「今すぐ欲しい」収録のミニ・アルバム「adore」をリリースし、その名を世に広める。同時期に渋谷クラブHARLEMで行われていた伝説のパーティー「HONEY DIP」にてDJプレイを行い、毎回大盛況のイベントとなった。2000年にフルアルバム「Hey World」をリリースし、翌年にはヨーロッパ数カ国でも発売され話題に。それ以降は多くのアーティストのリミックやプロデュースを手がけている。近年ではマイケル・ジャクソンとジャクソン5音源のみで選曲されたミックスCD&リミックス作品や、ビーチライフ・スタイル・マガジン『HONEY』とのコラボミックスCDシリーズ、元ピチカートファイヴの野宮真貴をボーカルに迎えた新曲をリリースするなど勢力的に活動中。

<< Calendar

2017.11.17 Fri. THE PARTY
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJ
boom
ume
BF crew
and more


MICROCOSMOSの楽しさの真髄を味わうパーティ”THE PARTY”
今回もMICROCOSMOSに出演しているDJ、初出演するニュージェネレーション達のALL STARが集まりワイワイガヤガヤと賑わいます
普通のパーティに飽きてしまった人でもここに来れば楽しめるはず!!

<< Calendar

2017.11.18 Sat. O.N.O BAR
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre TECHNO/HOUSE
・Artist DJ:
O.N.O(THA BLUE HERB)
DJ DYE(THA BLUE HERB)
DJ JIN(RHYMESTER)
TETSU
添田大臣
NAO

Live
言×THEANSER
COMACHI


道無き道を切り開くが如く突進する猛獣のようなドラム達を世に放ち、他の追随を全く寄せ付けない完全オリジナルなビート職人DJ O.N.Oが開く”O.N.O BAR “がMICROCOSMOSで開催される。第2回目となる今回もファンにはたまらないメンバーが集まるこの夜。フロアではビートの渦が巻き起こる。

●ARTIST PROFILE
DJ O.N.O(THA BLUE HERB)
道無き道を切り開くが如く突進する猛獣のようなドラム達を世に放ち、他の追随を全く寄せ付けない完全オリジナルなビート職人。現在までにTHA BLUE HERBとソロプロジェクト合わせて10枚のアルバムを発表し、シーンの中枢を鋭く抉る独自の楽曲群を生み出し続けている。あらゆる音楽と現場を通過し選び抜かれたインスピレーションは、その感性とマシンを経て「O.N.Oビーツ」へと昇華され、MachineLiveと名付けられた機材と肉体との有機的な合奏によるライブパフォーマンスに結実し、全国各地のフロアでビートジャンキー達に絶叫と熱狂を巻き起こし続けている。
DJ DYE(THA BLUE HERB)
THA BLUE HERBのDJ。フラットな音楽性、確かな耳と感覚から吸収した多種多様な世界のダンスミュージックを核に、その場の空気と共鳴しながら紡いでいくプレイは、ジャンルという固定概念に括られたリスナーの壁を超えてフロアを沸かせリピーターを増殖させている。アグレッシヴなそのプレイは世のパーティーピープルを悦ばせハマらせているのは言うまでもない。2017年7月に最新作「THA GREAT ADVENTURE Mixed by DJ DYE / THA BLUE HERB」をリリース。静かに、だが確実にその牙を研ぎ続け、深化を続けているアーティストである。
http://tbhr.co.jp
DJ JIN(RHYMESTER)
日本を代表するヒップホップグループ、ライムスターのDJ/プロデューサー。ファンク/ソウル/ジャズなど幅広い音楽への深い理解に基づくモダンなサウンド・プロダクションと、時代/ジャンルを横断しつつ常に高品質なグルーヴ感溢れるクラブプレイで人気。また、世界中のクラブアーティストとクロスオーヴァーするDJ/プロデューサー集団〈breakthrough〉も主宰し、国内外のミュージックラヴァーから揺るぎない評価を獲得。2016年3月には、日本が世界に誇る人力ダンスミュージックバンド=cro-magnonとのフューチャーファンクコラボ〈Cro-Magnon-Jin〉としてアルバム『The New Discovery』をリリースし大きな話題に。同年9月には、自身のDJスタイルを落とし込んだミックスCD『Music Journey -Classics Crossover- mixed by DJ JIN』がヒット。豊潤な音楽的「軸」が一切ぶれることなく、実に幅広い層にアピールし続けられている稀有なアーティストのひとり。

<< Calendar

2017.11.22 Wed. Jukin' house
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1D) Before 1,000yen(1D) SNS Share2, 000yen(1D)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJ:
Akiocam
SAUCEMAN
shu_hei
LiL HaVoC

Food:
くいしんぼうシスターズ


Jukin’ house
フラッと集まった仲間達と食べて飲んで、心地よいミュージックに身体を揺らす…
誰でも歓迎のJukin' houseは、酒好きのアナタ、音好きのアナタ、踊り好きのアナタに最高の環境を
用意しています!

<< Calendar

2017.11.24 Fri. RELATIVE
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D)
・Genre TECHNO/MINIMAL TECHNO
・Artist RESINDENT:
MARIA FUJIOKA

ACT:
DISC JUNKEY (Grasshopper Records)
HIRO (SLEEPING BAG/SENSE OF FOREST)xBlack Sleeper(live)
K.E.G(living room/session)


華やかなハイブランドのパーティのDJやNYLONオフィシャルブロガーを務める一方で代々木VILLAGEでレコードのセレクターを務めるなど常に音楽を追求するミュージックトラベラー”MARIA FUJIOKA”のレギュラーパーティ”RELATIVE”。
華々しくスタートを飾りスタートしたパーティの2回目となる。前回同様質の高いDJが濃密な空間を創り上げる

●ARTIST PROFILE
MARIA FUJIOKA

DISC JUNKEY (Grasshopper Records)

HIRO (SLEEPING BAG/SENSE OF FOREST)

K.E.G(living room/session)


<< Calendar

2017.11.25 Sat. Golden Time
・Open 24:00
・Charge ADM TBA
・Genre HOUSE DISCO
・Artist DJ:
CANDY BOYS
TOMOYA WATANABE (BRIGHTNESS / LOSE YOURSELF)
JESSY U
I-BEAR’
YOXNR
MICHEAD


ニューパーティ”Golden Time”。ヨーロッパを中心に再度人気が出てきている”HOUSE””DISCO”をキーワードに心地いい空間がつくられるパーティ。Candy Boysとしても活躍するGenki TanakaとNakagawa
を中心に実力のあるDJが揃う。

●ARTIST PROFILE
Genki Tanaka

Tomoya Watanabe

Candy Boys


<< Calendar