MICROCOSMOS
top/info&map menu event party plan blog recruit about us ミクロコスモスモバイルサイト
event
Mar 2017 << Calendar Next month >>
2017.3.3 Fri. "John's by Johnny presents"「JOHN'S WORLD 」
・Open 24:00
・Charge 1,000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
Johnny and Frieds


PHENOMENONのプレス、SWAGGERにてデザイナーとして、近年では神出鬼没のラップユニット「LITTLE TOKYO」のフロントマンとしても活躍するJohnny。13年秋冬コレクションより満を持して新たなファッションレーベル「John's by johnny」を始動するなど常に、時代を先行してきた彼の世界観が垣間みれるパーティ。

<< Calendar

2017.3.4 Sat. Superb ~3rd Anniversary~
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D) W/F 1,500yen(1D)
・Genre DANCE/HIP HOP
・Artist DANCE SHOW:
PInO
MASAKI + GENKI and SHOOT (from DeaD sToCks)
AYANO+NOZO
katsu+SHUN+yukie+narumi
and more

DJ:
KEN-SKE
TOYO (WITT)
YO-SIN
Changyama

MC:
KUNI (KAMIKAZE CLOWNZ)


DJタイムとダンスショーケースという組み合わせで一晩を演出し、あらゆるクラウドを魅了しているパーティー"Superb"!今回でめでたく3周年を迎える。
そんなアニバーサリーに相応しい面々が集結。誰もが認めるTOPダンサーPInOにMASAKI + GENKI and SHOOTを中心とした豪華ダンサー陣に加え、KEN-SKE,TOYO,YO-SIN,Changyamaの4人のDJが一晩を盛り上げる。
3月4日の土曜日は踊りに、飲みに、騒ぎに、祝いにぜひMICROCOSMOSへ!

●ARTIST PROFILE
KEN-SKE
新たなスタイルやフォーマットの登場で、いまや誰もが『DJ』と名乗ることの出来るこのご時世・・・この現象は数多の似非(エセ)DJを量産する事態を引き起こしている。 DJ KEN-SKEはモデルでもセレブでもなくトラックメーカーでもない、根っからの現場重視のクラブDJである。 HIP HOPやR&B・REGGAEはもちろんのこと、HOUSE・ELECTRO・DISCO・SOUL・FUNK・RARE GROOVE・TOP 40等、現場に応じて様々なジャンルや年代をブレンドした彼のスタイルは、一般層からクラブフリークまでをもロックし、各所で賞賛を得ている。 また、第一線で活躍するDANCERやDJ、プロモーター等の業界関係者からも熱い支持を受けており、年間100本以上のバーティーでプレイし、国内はもとより国外の著名DJからの信頼も厚い。 パーティーの規模も種類も、はたまた国境や人種も、あるいは時空をも飛び越えて広く深くカバーする力量は驚愕に値する。 そして今も変わらずレコードへの愛情を持つ数少ないDJの中の一人であり、なおかつデータ音源やラップトップ等のデジタルツールも積極的に取り入れる、いわばアナログとデジタルのギャップを繋ぐ架け橋の様な希有な存在である。 現在、HIP HOPの聖地として名高い渋谷のCLUB HARLEMにて長年続く、毎週火曜日開催のモンスターイベント『RED ZONE』の階上、BX CAFEにて『ROYAL FLUSH』という名のパーティーのレジデントDJを務め、古きよき時代のRAPや、DISCO・HOUSE等のダンスミュージック全般のさらなる探求を実践しているが、それは単なる懐古主義とは一線を画すもので、彼のミュージック・ライフが現在進行形で反映されたものとなっている。 その一例として、ストリーミング番組の中でも屈指の人気を誇る『DOMMUNE』に出演し、オールヴァイナルで90’s HOUSEのセットを披露、延べ10000人近い目/耳の肥えたビューアー達から高い評価を得た。 また、前述した『RED ZONE』でも不定期でプレイしている他、CLUB AXXCIS『GOLDEN GATE』のような週末のメインストリーム主体のビッグパーティーや、CLUB BAR FAMILY『JETER』のようなアットホームなパーティー等でも活躍中。 制作面では2010年にZEN-LA-ROCKの『MASH-LA-ROCK』にてMIXを担当。世間のおおよその人間を裏切るような想定外のサウンド/キャスティングによってFUNK布教に加担した罪は大きい。 「ゆりかごから墓場まで、iPODからアリーナ級の大箱までをもロックする」がモットー。 B-BOYスタンスで多方面にアプローチし続ける、今後の活動も要注目のDJである。
TOYO
多様なジャンルの音楽知識を持つTOYOはその豊富な知識をいかした幅広い選曲であらゆる場所、いかなる時間でもROCKしている。それは大小様々なCLUBやLOUNGE,BARなどで、MAIN TAIMEはもちろんOPENからCLOSEまですべての時間帯においてである。TOYOのDJ PLAYは幅広い年齢層のクラウドから支持されており、その実力も実証済みである。CLUB HARLEMにて毎週金曜日に開催されていた『The Finest』に2008年よりレギュラーとして加わり、その後の『PUNCH OUT!!!』でもレギュラーをつとめていた。その他にも、NYのDJ / プロデューサーであるELI ESCOBARの2012年と2013年に行われたJAPAN TOURを企画し共にDJをするなど、海外のDJとの競演からNIKE, FRANK, MISHKAなどのカルチャーの発信源となるイベントなどでもPLAYした経験がある。今現在もレギュラーイベントから単発のイベント、HIP HOPのPARTYからHOUSE,DISCOのPARTY等、年間多くのDJを東京を中心に全国各地で行っている
http://djtoyo.blogsopt.jp/

YO-SIN(M_P_S)
HIP HOPのプロダンサーとして、米国New YorkやLAでの経験も活かし、東京を中心に活動(ZOMBIE KIDS、7☆所属)、ソロダンサーとしてもステージで活動するほか、テレビ出演、アーティストのコリオグラフ(振り付け)、演出、プロデュース、モデルの分野でも活躍中。またダンサー専門のマネージメントオフィスも設立し、人生すべてをダンスに注ぐ熱いダンサーの一人である。
Changyama
18歳の時にダンスを始め20歳の頃に上京。
EXILE バックダンサー
映画 『バックダンサーズ』出演
oakley ファッションショー 出演
2010 FUJI ROCK FESTIVAL Roc Trax Dancers
DEXPISTOLS 『NEW JACK HOUSE』PV 出演
Aliceワンマンライブ『Just One』バックダンサー
2012年より、清水翔太バックダンサー
2010年 J.S.B. Underground に加入
BIGDOGSS / J.S.B. Underground の一員として
都内を中心に精力的に活動中。
基本とフィーリングを大切にしたその指導は、
流行のジャンルという枠を超えた本物のHIPHOPを
習得できることで人気がある。

<< Calendar

2017.3.10 Fri. 10日の金曜日~T年會~
・Open 24:00
・Charge 1.000yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist ACT:
T年會CREW


 2017年開幕 TxBONEとつーさんがお届けする"T年會"という名のPARTY!
1月には盛大に新年会PARTYを成功させたT年會。今回もDJ陣には選りすぐりのパーティー野郎達が参戦!春ということで3月10日の金曜日、渋谷の小宇宙を奮ワセヨ。

<< Calendar

2017.3.11 Sat. 鬼ヶ島
・Open 24:00
・Charge 1,500yen(ND)
・Genre GRIME/BASS/HIP HOP
・Artist DJ
WHAT’S UP(YO4&suzushi)
BGKNB(鬼々島)
RYU GODA
and more


2017年からSTARTしたNEW PARTY「鬼々島」
毎回GUEST DJにアンダーグラウンドシーンを筆頭するアーティストが登場する。
今回はどんなアーティストが登場するのか!?
シーンを確立しつつある彼等の最先端のサウンドを体感したいのならば、絶対に見逃せないないだろう。

<< Calendar

2017.3.17 Fri. VK SOUND 2nd ANNIVERSARY -EL CHICO VIENE-
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist GUEST LIVE:
CHICO CARLITO

DJ:
Todo
Cab
Ryo Nonaka
Masaru
Alexander Shu Nissen
Takuya Kusunoki
Shun Takano
Daichi Kobayashi
Nova
Shika

FOOD:
NEW YOLK


毎回ジャンルにこだわることなく来る人全てが楽しめるVK SOUNDが今回2周年となる。
VK SOUNDオールスターズに加え、MCバトルの権威でもある全国大会“ULTIMATE MC BATTLE(UMB)”の頂点を掴んだという“天才児”CHICO CALITOがゲストライブを行う。今、シーンがもっとも注目するラッパーの登場は見逃せない!!

●ARTIST PROFILE
CHICO CARLITO
CHICO CARLITOとは、1993年生まれで沖縄県那覇市出身・埼玉県草加市在住のラッパー。テレビ朝日系『フリースタイルダンジョン』では、second seasonより般若・漢 a.k.a. GAMI・サイプレス上野・R-指定・DOTAMA・T-Pablowらと共にモンスターとして番組に出演。
2015年にはLibra主催・UMB GRAND CHAMPIONSHIP 2015にて優勝を果たしている。

<< Calendar

2017.3.18 Sat. criboozer vol.7
・Open 24:00
・Charge 1,500yen(1D)
・Genre HIP HOP
・Artist DJ:
Apollo
KOUKI
K-PAIN
HAZUKI&YUINA

RELEASE LIVE:
Before Sleepin' Shower

LIVE:
Astru Apollo
BALL LAND
ch-ill&青二才
jumLiv 龍道


2017年3月からcriboozerがミクロコスモスにやってくる!
次世代のヒップホップシーンを背負う彼らが今回どのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか?
ミクロコスモスでの開催は今回が初となる。大いに期待しよう!


●ARTIST PROFILE
龍道
神奈川県平塚市出身。
1993年世代のラッパー。
17歳からRAPを始め年間100本以上のLIVEを重ねる。
切れ味鋭いRAPを武器に数々のLIVEバトルやMCバトルで優勝。
若干19歳でB BOY PARKでのLIVEを経験。
最近ではGRAND MASTERの若手コンピレーションアルバムに参加。
また、フリースタイルダンジョンで賞金30万円を獲得した。
現在1st ALBUMを制作中。
Before Sleepin' Shower
MC,DJ,Art,skater,fashionなど様々なメンバーからなるHIPHOPクルー。
全員が同世代1993年の生まれでソロでも活動しつつまたスケーター、トラックメイカーなどさまざまな側面を見せる。
またメンバーのDADAによるアパレルブランド「criBoozer」も展開しており、毎奇数月には同名criBoozerとゆう主催イベントを実施。
主に横浜、渋谷で活動。
同クルーのトラックにのせゆるく、そして何より「アイツら楽しそうだな」といわれるrapで活動中。
他にない独特の空気感をもったクルー。
↓↓
https://m.youtube.com/watch?v=JAXnm43ORy4

DJ KOUKI
2012年より、熊本で20年の歴史を誇る「club JAIL」を中心にDJ活動を開始。現在は九州全域のみならず、日本各地でGUEST出演をこなしている。
2015年からは活動の場を東京へと移し、都内の有数のクラブで若手ながらもレギュラーDJとして抜擢される。新旧問わずジャンルの垣根を超えて織りなされるその発想力豊かなパフォーマンスは、DJの新たな可能性を感じさせる。今後も次世代を牽引するプロフェッショナルDJとして、更なる飛躍が期待されている。
Booking▶︎djkouki0103@gmail.com
Twitter▶︎http://twitter.com/djkouki_
Instagram▶︎https://instagram.com/dj_kouki/
Facebook▶︎https://m.facebook.com/kouki.hashimoto.359?ref=bookmarks
ZIPANGSTAR(HP)▶︎http://zipangstar.com/zipangstar-dj/

BALL LAND
1993年産まれ茨城県出身のReggae Deejay
聴きやすいフロウと共感を誘うリリックが特徴
Reggae独特の文化であるRub a dubにおいて
バトルでの優勝経験もあり盛り上げ上手
ライブパフォーマンスはもちろんフロアでもみんなを巻き込むムードメーカーである

HEAP BURN
メンバー5人の
女全開のバイブスを武器に活動するHIPHOPダンサー
2014年秋チーム結成後、都内を中心に数々のイベントやクラブショーケースに出演。
自らのイベントBURNOUT!を成功させる一方、ブランドcriBoozerのモデルもチームでこなす。

<< Calendar

2017.3.19 Sun. PETE ROCK JAPAN TOUR
・Open 24:00
・Charge 3,000yen(ND)
ADV:3/18土、19日 Pete Rock & CL Smooth
Pete Rock 90's Set(VISION & MICROCOSMOS通し券)
・Genre HIP HOP/ALL GOOD MUSIC
・Artist SP GUEST DJ:
PETE ROCK ( exclusive 90's Set)

GUEST:
Mr.BEATS a.k.a DJ CELORY

DJ:
K-BOOGIE
KENTA(ZZ PRO)
TAT$UMAKI
WISEMEN


ADV:3/18土、19日 Pete Rock & CL Smooth / Pete Rock 90's Set(VISION & MICROCOSMOS通し券)
2/1(水)~
e+:
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002215202P0030001



●ARTIST PROFILE
PETE ROCK
ヒップホップ・シーンを代表するプロデューサー。16歳の頃から Marley Marlの元で仕事を始め、DJ Eddie F率いるプロデュース・チームであるUntouchablesのメンバーになり、Public Enemyの"Shut 'Em Down"のリミックス、その他多数の有名曲を手掛けたことで、シーンから絶大な注目を集めた。その後も従兄弟であるHeavy Dの作品などをプロデュースする一方、Pete Rock & C.L. Smoothとして活躍、クラシック・ソングを量産し今でもその当時のアルバムが衰える事無く、コンスタントに売れていると いう偉業を成し遂げている。95年のPete Rock & C.L. Smooth解散後は自身のレーベルであるSoul Brother Recordsを設立。I.N.I.、Deda、Rob O等の作品を制作するも、お蔵入りになるなどの不運に見舞われ不遇の時代を過ごしたが、それを乗り越え、98年に傑作ソロア ルバムをリリースし、こちらも大ヒットになりシーンでの不動の地位を築いた。2000年代に入るとBBEレーベルからインス ト・アルバムをリリースし、その他でもMic Geronimo! AZ、Das EFXなど多くのアーティストをプロデュースして、多くのクラシックを生み出している。08年初頭にはRambling Recordsから"NY's Finest"をリリース。
Pete Rock Boiler Room NYC 5th Birthday Setc
Mr.BEATS a.k.a DJ CELORY
日本のヒップホップ・プロデューサー/DJ。日本のヒップホップ・シーン黎明期より活躍してきたSOUL SCREAMのDJとして活躍後、佐野元春やYMOをはじめ、洋邦を問わずジャンルレスなリミックス・ワーク&プロデュースを手がけて話題を呼ぶ。2008年からは以後人気企画盤となるレゲエ・ミックス『BON-VOYAGE』シリーズを発表。たしかなテクニックと豊富な音楽知識で高い評価を得ている。クラブDJとしても数々のイヴェントで活躍中。熱狂的なサッカー好きとしても知られる。
K-BOOGIE
90年代初頭よりDJを始め、CLUBのスタッフ歴も13年という音楽を聴くには抜群の環境で自らの耳を成長させる。
1997年辺りから箱DJに止まらず、地方や都内各地のCLUBでDJを重ね、年間100本を越すDJをコンスタントに続け知名度、実力を不動のものにする。
近年は自身が一番影響を受けたHIPHOP黄金期と言われる90年代のHIPHOPを全面に押し出し、渋谷で行われている90'sONLYイベント"CLASSICS"を主催し、国内のGUESTには、DJ KENSEI,MURO、海外からはBABY BAM(JungleBrothers),KURIOUSを招聘し、全国にその名を轟かせるイベントに成長しなおも進化し続けている。
さらに2009年に自ら立ち上げたイベント制作会社"CLASSICS JAPAN"では、初来日となるM.O.PのJAPAN TOURにて東京公演を企画、制作を行いクオリティーの高い空間をプロデュースし好評を博す。
今後も海外アーティストの公演を計画中である。
自らの信念を貫き、流行に流されず、REALなHIPHOPを提示し続けている唯一無二のDJ、PRODUCERである。

DJ KENTA
横浜出身。実家がレコード屋であった彼は16歳の時に本格的にDJを志し、地元横浜と東京を拠点にクラブDJとして精力的な活動を展開していく。02年から約2年間レジデントを務めたshibuya NUTSの帯イベント「NEXTRA」では、HIP HOPを軸に、R&B、SOUL、REGGAEからROCKまで、実に多彩なVIBES溢れるMIXを披露し、そ の人気と実力を不動のものにする。これまでに、Black Eyed Peas、?uest Love (THE ROOTS)、DJ SPINNA、DJ Jazzy Jeff、Smif N Wessun、Pete Rock、Large Professorなど世界のビッグ・アーティストとも共演を果たし、さらには横浜・湘南を拠点とする、ZZ PRODUCTION (サイプレス上野とロベルト吉野・STERUSS・三木祐司らも所属)の一員としても活動中。また、08年にはCRAZY KEN BAND「ZERO TOUR」横浜公演のフロントアクトに抜擢されるなど、HIP HOPの枠を超えその活躍の場を広げている。05年から定期的にリリースされ続けているMix CD『Beautiful』シリーズは、DJ KENTAの音楽性追求と現場さながらのGROOVEが凝縮された至高作であり、グッドミュージック・ラバー達から絶大な支持を集めている。


<< Calendar

2017.3.24 Fri. FUNKY MAGIC -Tokyo Edition-
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1D)
・Genre HIP HOP
・Artist DJ:
K27T(UNTITLED CLUB)
Show Schoot
SIBA(A.C.E RECORDS)
イーグル藤田
TA98 1sail
KSK
JHONNY
M-City


定期的にTOYAMAで開催されるPARTYがTOKYOバージョンとして開催。 『DANCE』をテーマに新旧問わずHIPHOPを軸にR&B、HOUSE、FUTURE BASS等幅広くダンスミュージックをお楽しみ頂けます。 ウエルカムドリンクをご用意して皆様のご来場を心からお待ちしております。


●ARTIST PROFILE
K27T(UNTITLED CLUB)
1985年生まれ。幼少期から膨大な量のレコードに囲まれ、様々な音楽や映画に影響され育ち、2002年、16歳、DJキャリアスタート。単身N.Y.で本場のパーティーを体感。日本人離れしたプレイは国外問わず様々なアーティストのお墨付き。
http://www.facebook.com/kent.kudo.3
https://twitter.com/k27t
http://soundcloud.com/k27t
SHOW SCHOOTT
東京新宿生まれ東京育ち。中学、高校は、ラグビー、大学では、アメリカンフットボールに打ち込む。小学校高学年の頃から洋楽R&Bを聞き出し、中学1年生でMC HAMMERよりHIPHOPの影響を受けて以来BLACK MUSICにどっぷり浸かる。さんぴんキャンプ以前よりアンダーグラウンド日本語RAPに対する造詣が深い。現在はアパレルメーカー上野商会に籍を置き、Schott N.Y.Cのセールスを担当。これまでにMUROの20周年を記念したAVIREXとのレザーJKTや、STUSSY、DELUXE,STADIUM,KING INCなど様々なストリートブランドとのコラボレーションなども担当。

<< Calendar

2017.3.25 Sat. GRACE 1st Anniversary
・Open 23:59
・Charge 2,000yen(ND) W/F 1,500yen(ND)
・Genre DRUM'N'BASS
・Artist Guest DJ
-Exclusive DRUM'N'BASS Set-
SEKITOVA
DJ NOA

GRACE Resident:
YMASA
coffa
ASSIGN

Featuring DJ:
Aya(Human Elements/Nutty)

Photo
tatsuki nakata


唯一無二のラインナップ、エクスクルーシブプランニングにより、 DRUM'N'BASSシーンに一石を投じるべくローンチされた【GRACE】。
第一回目にDJ MAAR、第二回目にALYN,DJ RS、第三回目にDJ SODEYAMA、第四回目には井上薫をGuestアーティストとして招聘し、DRUM'N'BASS Setを初公開、シーンに新しい風を吹かせ、DRUM'N'BASSの新たな可能性を見出し続けている。
勢いを更に増す【GRACE】は、一周年を迎える。
この節目に相応しいGUESTとして、SEKITOVA、DJ NOAが登場。
もちろん今回も貴重なDRUM'N'BASS Setを披露してもらう。
SEKITOVAは、大阪、1995年元旦生まれのDJ/Producer。
生まれる前からJoey BeltramやDave Angelを胎教に、様々なエレクトロニックミュージックに触れ合ってきた文字通りの第二世代。
テクノ以外にも様々な音楽に影響を受け、「テクノはジャンルではなくそれと向き合う姿勢の事」を胸に、時にジャンルの壁を越えていく事もいとわないストーリー重視のDJ。
躍進の年となった昨年は「BIG BEACH FESTIVAL」のメインステージを筆頭に数々の舞台に登場。
さらに「DOMMUNE」では、3時間SEKITOVA ONLY番組もオンエアされ好評を博し、「ULTRA JAPAN」への出演など、各方面からの期待値の高さを伺わせると共に現在進行形での成長を裏付けた。
2012年12月5日に初アルバム「premature moon and the shooting star」をリリース。
砂原好徳やDJ SODEYAMAを皮切りに数々のトップアーティストから支持され、iTunesではエレクトロニック部門でトップ10入りを果たした。
Maya Jane Colesの楽曲やアニメとしても知られる「ペルソナシリーズ」の楽曲など、様々な分野の楽曲のRemixを手掛けている。
DJ NOAは、15歳よりDJとしてのキャリアをスタート。
ある種での雑食的なアンバランスな音楽遍歴を持ち合わす故、ジャンルを超えた選曲、ミキシングに独特の空気感とバランス感を持ち合わせる。
国内外を問わず、様々なパーティーから、ラジオやギャラリーのレセプションに至るまで、多種多様なシーンに対応できる稀有なDJの1人である。
現場でのプレイ同様に幅広い楽曲をセレクトしたDJ MIXもシーンやカルチャーを超え評価が高い。
両氏共に、その経験と感性をいかにDRUM'N'BASSに落とし込むか。
この貴重な機会は見逃し厳禁。
従来のDRUM'N'BASSパーティとは一線を画する、他類を見ないラインナップとコンテンツで作り出す優美で上質な空間をぜひ【GRACE】で体感して欲しい。

●ARTIST PROFILE
SEKITOVA
大阪、1995年元旦生まれのDJ/Producer。
生まれる前からJoey BeltramやDave Angelを胎教に、様々なエレクトロニックミュージックに触れ合ってきた文字通りの第二世代。テクノ以外にも様々な音楽に影響を受け、「テクノはジャンルではなくそれと向き合う姿勢の事」を胸に、時に細々としたジャンルの壁を越えていく事もいとわないストーリー重視のDJ。躍進の年となった昨年は「BIG BEACH FESTIVAL」のメインステージを筆頭に「Road to Ultra JAPAN」など数々の舞台に登場。ageHaのモンスターテクノパーティ「CLASH」へも度々招集され、アリーナにも出演している。さらに宇川直宏が主宰する「DOMMUNE」では今年、3時間SEKITOVA ONLY番組もオンエアされ好評を博し、日本初開催となったUltra Music Festival、「ULTRA JAPAN」への出演など、各方面からの期待値の高さを伺わせると共に現在進行形での成長を裏付けた。
トラックメイクの方ではMaltine Records等ネットレーベルやSoundcloudほかをメインにリリースするなど、インターネットでの活動が主であったが2012年12月5日に初アルバム「premature moon and the shooting star」を自主レーベルよりリリース。砂原好徳やDJ SODEYAMA、Hideo Kobayashiを皮切りに数々のトップアーティストから支持され、タワーレコードでは各支店のバイヤーからのプッシュも受ける。iTunesではエレクトロニック部門でトップ10入りを果たし、ミュージックマガジンが選ぶ2013年ベストチャートのテクノ・ハウス・ブレイクビーツ部門で6位にチャートイン。その他Maya Jane Colesの楽曲やアニメとしても知られるアトラス社のゲーム、「ペルソナシリーズ」の楽曲など、その立ち位置を生かして様々な分野の楽曲を公式にRemixした。2014年には1年ぶりとなるオリジナルトラック「Formal Strip」をSugiurumnn主宰の」BassWorks Recordingsよりリリース。Wasabeatテクノチャートで最高2位を記録。
エレキング編集長の野田努からは「日本クラブ文化の未来の明るい星」と評される、これからに期待の若手だ。
DJ NOA
79年東京の西寄りは吉祥寺生まれ。
15歳よりDJとしてのキャリアをスタート
ある種での雑食的なアンバランスな音楽遍歴を持ち合わす故、ジャンルを超えた選曲、ミキシングに独特の空気感とバランス感を持ち合わせる。
国内外を問わず、様々なパーティーからパーティーへ、ラジオやギャラリーのレセプションに至るまで、多種多様なシーンに対応できる稀有なDJの1人である。
現場でのプレイ同様に幅広い楽曲をセレクトしたDJ MIXもシーンやカルチャーを超え評価が高い。
15年よりEILD AGENCYに所属。
YMASA
2008年よりDJとしてのキャリアをスタート。
2010年11月、23歳の若さでアジア最大のDRUM'N'BASSパーティー、【06S@WOMB】のメインフロアでプレイ。
その後間もなく同パーティのサブレジデントDJに抜擢。
DRUM'N'BASS界を代表するトップアーティストとの共演を重ねている。
2011年、WOMB 11TH ANNIVERSARYにて、国内TOP DRUM'N'BASS DJであるDJ AKiに若き才能を見出され、PICK UP。
その舞台でB2B DJ SETを行い、オーディエンスを熱狂の渦に誘い込み、多くの賞賛を浴びる。
2012年、イギリスを代表するハイストリートファッションブランドTOPMAN主催のDJコンペティションでは、激戦の末、全国2位の結果を収める。
2015年、日産スタジアムで開催されたローソンpresentsエンタランのメインプログラム「BPMランニング」を総合プロデュース。
同年、世界最大級のダンスミュージックフェスティバル「ULTRA JAPAN 2015」への出演を果たした。
現在は06Sを軸に、ジャンルに縛られることなくフレキシブルに活動中。

<< Calendar

2017.3.31 Fri. WAVE vol.6
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(ND)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist レジデントDJ
・TOROMATSU(Blue.)
・RYO(bloc)
・YU-REED

Special Guest DJ
湯川正人
DJ DEKKA


今回の開催で6回目となるビーチカルチャーイベント《WAVE》
これまでに、《DIRTYKRATES a.k.a ZEEBRA》、《浅野忠信》、《JESSE from.RIZE》、《Spinna B-ILL》、《オカモトレイジ from OKAMOTO`S》、《菊丸 from CANDY TOWN》といった豪華アーティスト達が出演。
サーフィン・スケートボードといった横乗りカルチャー&ビーチカルチャーが、2020年東京五輪で正式に追加種目として決定する時代になり、再びこのシーンが勢いづいてきている今。
横乗りカルチャー&ビーチカルチャーを軸としサーファーや、スケーター、アパレル関係者、仲間達が集まるクラブイベントが、あまり存在していない事から、
《WAVE》というクラブイベントを立ち上げました。
これまで興味のなかった人達にも興味を持ってもらい、気軽にカルチャーに触れられるようなきっかけの場を作りたい、と思っております。

●ARTIST PROFILE
湯川正人 YUKAWA MASATO
Pro Surfer・DJ・CEO of ALIVE watches
サーフィン、DJ、ファッション、人生観
あらゆるシーンで類稀なセンスを持ちカリスマ的人気を誇る湯川正人。
現在はプロサーファーとして世界中を飛び周り写真や映像を残し多くのメディアで活躍中。さらにDJとしても海外、全国各地を転々し
さらに個性派 時計ブランド「ALIVE」の代表兼プロデューサーを務める。
http://lineblog.me/yukawamasato/
https://www.instagram.com/masatoyukawa/?hl=ja
https://twitter.com/masatoyukawa
DJ DEKKA
日本一汗かくDJのDJ DEKKA。
1997年芸人デビュー。ずっと気になる存在感でお馴染みのデッカチャン。
身長183cm体重0.13tの巨体を活かし「デッカチャンだよ!」ネタで話題に。
エンタの神様では、「響け気付いちゃったマーチ」のキャッチコピーで出演。
スネアドラムを持ちながらあるあるネタを言うネタで世間を騒が・・・、ザワザワさせる。
高校時代はご飯代を削ってCDを買っていたくらいの音楽好きだった。
2002年発売の三瓶の「SANPEI DAYS」のPVにDJリバティとして参加。
この時はエアーDJでしたが、その後、三宿webで爆音でJPOPを聞いてからDJへの興味を抱く。
始めはトークライブの合間などから始め、機材は高価で買えないので、
出演する現場現場でJ-POPDJとしてのスキルを磨く。
2008年~現在まで@渋谷camelotの毎月第3日曜日『J-POP NIGHT』*現在は不定期で開催。
渋谷atom月曜日「SALON de DISCO」の月一レギュラー
新木場ageha第一金曜日「アゲパ!」の月1レギュラー
その他、地方やフェスなどに出演中!
2013年10月には大阪城ホールでNMB48の「3rd Anniversary Special Live」のオープニングDJも勤めた。
アーティストのライブや、クラブイベントなどの音楽イベントでJPOP&EDM&歌謡曲DJとして全国を駆け回っている。
あと、保育園のお楽しみ会などにもDJとして参加し。キッズ達をロックした為。
子供達がその事を思い出に書いたので卒園式に出て欲しいと言われ、あの噂の来賓席に座った経験も。
最近ではEDMとJPOPのオールミックスにも挑戦。
90年代に発売されてた8cmシングル(短冊CD)の収集家でもある。
あとは、自身が参加している、豊満乃風と言う巨漢ユニットでアルバム「豊満伝説」「豊満伝説2」を発売中。
DJ DEKKAとしてオリジナルEDM音源「PANIC SAMBA」を製作して、
全国のCLUBで夜な夜な「デッカチャンだよ!」をオーディエンスに半強制的に叫ばせているが発売の予定はまだない。。。
YOUTUBEにキッズダンサーとのPVがあるので是非!
検索【PANIC SAMBA】で。
DJ DEKKAは日本で、いや世界で一番汗をかくDJである!?

<< Calendar