MICROCOSMOS
top/info&map menu event party plan blog recruit about us ミクロコスモスモバイルサイト
event
May 2013 << Calendar Next month >>
2013.5.2 Thu. BLACK MUNCHEE
・Open 24:00
・Charge NO BLACK STYLE : 2,500yen (1Jager+1BLACK TEE)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJs:DJ usus (from RIP SLYME) and more


ALL BLACK STYLE : FREE ENTRANCE (1Jager+1DRINK)
HARF BLACK STYLE : 1,000yen (1Jager)
NO BLACK STYLE : 2,500yen (1Jager+1BLACK TEE)
FOOD : MICROCOSMOS ORIGINAL BLACK FOOD
DRESS CODE : BLACK
*完全DRESS CODE制になります。黒のアイテムを身につけてご入場下さい

RIP SLYMEのSUこと、DJ ususによるレジデントパーティ"BLACK MUNCHEE"。ドレスコードからドリンク、フード、フロアまで全てのキーワードが黒のBLACK PARTY。今回は一体どんな空間が作り上げられるのか… スペシャルな黒の一夜を是非体感して欲しい。

MORE INFO :
facebookhttps://www.facebook.com/djusus
twitter usushttps://twitter.com/dj_usus
twitter BLACKMUNCHEEhttps://twitter.com/BLACKMUNCHEE
microcosmoswww.microcosmos-tokyo.com/event/event.php?date=1305#02

●ARTIST PROFILE
dj usus (from RIP SLYME)
HIPHOPグループ・リップスライムのSU。リップスライム内では低音担当として日々ラップ。ビターでダンディなのにポップというコントラストの効いた存在で、絶大な知名度と人気を確立。反して。DJとしては、神出鬼没・無口にテクノが主流。虚像と現実のギャップで魅せるそのストイックなプレイスタイルは、理由なくクラウドを心酔させ、それはやがてハッピーエンドへと変わる。好きな時間は、朝4時と6時。
http://www.ripslyme.com
http://www.facebook.com/djusus


<< Calendar

2013.5.3 Fri. NexT TYO vol.2 present by PeakWanderBallerz
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1d) W/F 2,000yen(1d)
・Genre HipHop/House/Techno
・Artist PERFORMANCE:
PeakWanderBallerz,
TOKYOcreatist,
すらぷるため,
New Japp Heroz

DJs:DJ IKU (RedBull 3Style JAPANchampion),KOHTA(TOKYOcreatist),
I-BEAR’
MC 木村昴(ジャイアンfrom「ドラえもん」)


クラブミュージックとパフォーマンス業界の融合。フリースタイルバスケットボーラーZiNEZ,RyoGo!筆頭に活躍する「PeakWanderBallerz」がPresents! PERFORMANCEには、前回に続き「TOKYOcreatist」、「すらぷるため」が参戦。DJはDJバトル『RedBull 3STYLE』にて優勝経験を持つ「DJ IKU」、MCには、テレビ朝日『ドラえもん』にてジャイアンの声優他、『天才劇団バカバッカ』の座長を務める「木村昴」が会場を賑わす!渋谷の夜を揺らすパーティーが渋谷microcosmosで行われる!

●ARTIST PROFILE
DJ IKU(RedBull 3Style JAPANchampion)
世界中で開催されているスクラッチ、パーティDJの大会、「Red Bull Street Style DJ BATTLE」「Red Bull Thre3Style」にて日本人初の2連覇を果たし、2010年にフランス・パリで行われた「Red Bull THRE3STYLE DJ BATTLE WORLD FINAL」 には、アジア圏で唯一の日本人として世界大会に出場。ターンテーブリスト特有のジャグリングとスクラッチでダイナミックかつ丁寧にビルドアップし、 縦横無尽にジャンルを横断するスタイルは、世界的に有名なDJ JAZZY JEFFをはじめ、スクラッチの神様と言われる DJ Q- ‐BERTからも 高い評価を受け、ゴールドパネルのミキサーを手渡される。スキル+エンターテイメント+コミュニケーションをテーマに会場をロックする日本を代表するターンテーブリスト である。

<< Calendar

2013.5.4 Sat. ELECTRIC EYE G.W. SPECIAL (draft)
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1d)
・Genre TECHNO/ELECTRO/ALLMIX
・Artist Guest : DJ MAAR
(DEXPISTOLS / ROC TRAX)
Suganemn (UPBEAT! ,Digital Boxx)
Saki (UPBEAT!)
MANABU (HEADCASE)
shinYa
etc..


円山町屈指のラグジュアリーな空間「microcosmos」に、フロアライクなEDMを中心にハイブリッドなサウンドを投入し、DJ,VJ,PHOTO,PAINTING,FOODそれぞれのクリエイティブを堪能できる、まさに"粋な大人のたまり場"を演出するパーティです。 過去3回の開催においてはTJO, MEISAI, NEON, DJ Yummy, THE LOWBROWSと旬なGuestに招き入れ盛況のうちに終了。第4回目にあたるG.W.スペシャルにはアンダーグランドなクラブシーンを牽引するDEXPISTOLS。その音楽的な部分を担当し、またレーベルROC TRAXも主宰でもある"SUPER MAAR"をGUEST ACTに迎えての開催。
是非とも変則的かつ攻撃的なサウンドを堪能して欲しい。

●ARTIST PROFILE
DJ MAAR (DEXPISTOLS)
DJ、REMIXER、PRODUCER。DJ DARUMAと共にDEXPISTOLSとして活動し、
レーベルROC TRAXも主宰する。DEXPISTOLSの音楽的部分を担当し、
昨年1月には最新作のレーベルコンピレーションアルバム『ROC TRAX presents LESSON.06"ROC TRAX JAM"』をCREWと共に制作、そしてリリースした。DJとしては、弱冠18歳にして伝説のクラブ『芝浦
GOLD』でプレイしたのに始まり、日本、アジア、ヨーロッパと数限りないクラブでプレイしている。現在進行形の音とカルチャーを追い求め、東京そして世界のクラブシーンを掻き回しつつある。
DJ MAAR主宰による新レーベルもスタートする。
Suganemn


<< Calendar

2013.5.5 Sun. Wax Poetics Japan No.27 Release PartyStevie Wonder Night !!
・Open 24:00
・Charge 1,500yen
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DUCT, Tsu
Kenichi Aono,
C-Ken, Hickey
Keita Suzuki (PLOT. lv04)
Tee, Matsu
Lisa Furuki


Wax Poetics Japan No.27のリリースに伴い、渋谷microcosmosにてリリースイベントを開催! 今回のリリース・イベントは4月30日に発売される最新号No.27の表紙であるスティーヴィー・ワンダーをキーに、出演者は全員、スティーヴィーの楽曲をいずれかプレイするという括りの中、レーベルメイトのモータウン作品やスティーヴィー・プロデュース楽曲などを上手く織り交ぜた、黒いグルーヴィーな夜になる。アメリカンドリームを手にしたモータウン社長ベリー・ゴーディーが、音楽業界に産み落としたスーパースターであるスティーヴィー・ワンダー。この日は、そのスーパースターの珠玉の名曲が贅沢に楽しめる夜になる。

●ARTIST PROFILE
DJ-DUCT


<< Calendar

2013.5.10 Fri. WICKEDPEDIA RENDEZ-VOUS vol.8 hosted by HABANERO POSSE
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1d)
・Genre GHETTO/ACID/BOOTY
・Artist Special Guest DJs:
D.J.KUROKI KOUICHI (BOOTY TUNE)
+ SPECIAL GUEST
Recident DJs:HABANERO POSSE
Someone from LEF!!!CREW!!!
Early Burn Up DJ:DaBook


Supported by
block.fm
Mackdaddy

●ARTIST PROFILE
HABANERO POSSE
OUTLOOK JAPAN FESTIVAL 2012 SOUNDCLASH CHAMPION。 FYS a.k.a BINGO と GUNHEAD を中心とする総合【GWIG】ポッセ。その他ビジュアル担当の 405mhz (NAKAGUROZine http://nakaguro.blogspot.com/ ) を始め、メンバーは常に増殖中。あえてジャンル分けするなら"SEXY BASS MUSIC & DIRTY GHETTO MUSIC"。サウンドシステムではBASSはしっかり鳴らす派。ラウンジではGROOVEで持っていく派。話題のクラブミュージック専門ラジオステーション『BLOCK.FM』第二・第四水曜日21:30~23:00のレギュラー番組『WICKEDPEDIA RADIO』パーソナリティー。T.R.E.A.M.。
HABANERO POSSE http://www.habaneroposse.com

<< Calendar

2013.5.11 Sat. NEOTOKYO FUCKIN CITY
・Open 24:00
・Charge 1,500yen *別途Drink代¥500
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJs:FUJIWARAMONE, AXL-MIMI(Hi-me Tokyo), Kasico and more


渋谷と原宿の間にあるブティックNEOTOKYOと、夜な夜な夜遊び計画を世に発信しているLastNightProjectが寂しい夜に贈るネオトーキョー定期PARTY。エレクトロを軸にROCK、HIP-HOPやA-POPまでフリースタイルでアウトローな東京一、緩やかなSPECIAL PARTY!
coming soon...

●ARTIST PROFILE
FUJIWARAMONE
fashionに興味を持ったのは幼少期。20世紀の美術に最も影響を与えた作家Marcel Duchampのartに心を奪われ、artの真髄に目覚める。それに伴い音楽にも深く陶酔してゆき、とりわけ好んだのは70's~80'sのPUNK、HARD COREである。感情や思想を盛り込んだ音を聴く度に、物事の本質を見極めることの重要性に気づき、それ以来何事も物事の心理、真理を追求しようと抗う日々である。服飾の専門学校を飛び出し、2006年 H・P France株式会社入社。2008年CANNABIS、CANNABIS LADY’S、FACTORYの統括PRESSとなる。多忙を極めながらも、さらに自身のイベントのオーガナイズをし、それだけでは飽き足らず自らもDJをこなす。彼の内なる衝動こそ、本物のfashion だと言えよう。
http://tarofujiwara.droptokyo.com/blogs/


<< Calendar

2013.5.17 Fri. HOME DISCO LIGHT
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1d)
・Genre HIP HOP/R&B/ALL GOOD MUSIC
・Artist DJ's:DJ HASEBE, DJ YANATAKE, DJ CHII


活動20周年を迎えた人気DJ/プロデューサーDJ HASEBEと、block.fmで話題のヒップホップ番組「INSIDE OUT」を手掛けるYANATAKEがレジデントの「HOME DISCO LIGHT」。ホーム・パーティーのような暖かな雰囲気と、大人も楽しめるヒップホップ・パーティーとして人気を集めている。定番から最新曲まで、音楽ファンを飽きさせない幅広い選曲に定評があり、豪華ゲストDJも招かれている。

●ARTIST PROFILE
DJ HASEBE
今やクラブに Remixに多忙を極める DJ/ サウンド・プロデューサー、OLD NICKことDJ HASEBE。1998年にミニ・アルバム『adore』をリリースし、その名を世に広める。同時期に渋谷クラブHARLEMで行われていた伝説のパー ティー「honey dip」にてDJプレイを行い、毎回大盛況のイベントとなった。2000年にフルアルバム『Hey World』をリリースし、翌年にはヨーロッパ数カ国でも発売され話題に。2002年にリリースした作品『Tail of Old Nick』より、「OLD NICK」という新名義でブラック・ミュージックという垣根を越えた活動も開始し、様々な音楽ジャンル から注目を浴びる。最近では OLD NICK 名義による洋楽カバー・アルバム『VERY DELICIOUS』のリリースや、 BENI、COMA-CHI、Arrested Development、Mya、清水翔太などのリミックを手がけ、「龍が如く 4 伝説を継ぐもの」 のテーマソングとしてリリースされた Zeebra名義の話題作「Butterfly City Feat.RYO the SKYWALKER, Mummy-D & DOUBLE 」やRHYMESTERのニューアルバム「POP LIFE」収録「Just Do It!」のプロデュースを手がける等、勢力的に活動中。去年DJ活動20周年を記念して発売された自身のワークス集「SOMETHING WONDERFUL」に収録されている「Last Vacation feat. RYO-Z.PES(from RIP SLYME) & JUJU」はiTunesHIPHOPチャート1位、総合でも4位を獲得。話題の一枚に。
DJ YANATAKE
レコードショップ "Cisco" のヒップホップ・チーフバイヤーとして渋谷宇田川町の一時代を築き、Def Jam Japanの立ち上げやMTV Japanに選曲家として参加するなどヒップホップシーンの重要な場面を担って来た存在。ビデオゲーム "Grand Theft Auto" シリーズや宇多田ヒカルのPR/発売イベントも手掛け多方面に活躍中。そのセンスは多くのDJやラッパーからも信頼され、アドバイザー的な役割も果たしている。DJとしてはClub Harlemでのイベント "Honey Dip" やYellowでの "FOWL" などDJ Hasebe, DJ Wataraiらと長期に渡り活動中。ヒップホップ、R&Bを軸にジャンルは幅広く、新旧譜/洋邦楽ともにエッジの効いた選曲とアイデア豊富なプレイは毎回DJ陣からも絶賛されるほど。またコラムの執筆や自身のブログ、Twitterは連日高いヒット数を誇るなど業界内外問わず支持が高い。TBSラジオの人気番組 "ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル" "高橋芳朗 HAPPY SAD" にも準レギュラー出演し、手掛けたミックスは番組人気投票の年間1位を獲得している。近年は旧友であるm-floの☆Taku Takahashiが立ち上げたBLOCK.FMにてヒップホップの人気インターネット番組 "INSIDE OUT" のディレクションやAmebreakプレゼンツ "RAP STREAM" のオペレーションなども手掛けるマルチな活動が注目を集めている。
http://twitter.com/yanatake
http://extraclassic.net/yanatake
http://block.fm/program/insideout.html
DJ Chii


<< Calendar

2013.5.18 Sat. touchMe After Party “BON-VOYAGE"
・Open 21:00
・Charge 2,500yen(1d) W/F 2,000yen(1d)
・Genre HIP HOP/R&B/ALL GOOD MUSIC
・Artist RESIDENT DJ:Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY
・LIVE:Yun*chi
GUSET DJ: DEXPISTOLS,馬場圭介,YUYA NARA & SACHIKO
BON-VOYAGE DJs are TOSHIYA,SAKURAI,ATSU,Suke-Kyon,Mah,TAK
クロネコ,Q-BANG,YANMA
VJ:MK NYone
MC:BULL,Melowjoe
PHOTO SHOOTING:Chara
FOOD:裏サバスカレー


毎度お馴染み!!ミクロコスモス毎月第三土曜日のお約束、ボンボヤことBON-VOYAGE!!
そしてこの日はmicrocosmosを沸騰させた“touchMe”アフターパーティが今年も開催MARK STYLERが主宰する完全招待制コレクション“touchMe”の一般開放されるオフィシャル・アフターパーティは昨年microcosmosで行われ、いずれも記録的な動員をマークする熱い夜となった。その再現が期待されるこの日、フロアのヴォルテージを頂点に導くのは、DEXPISTOLSを中心にミクロコスモスのレギュラーパーティーBON-VOYAGEとの共同開催!。国内外のファッションセレブリティやVIPが集うラグジュアリーな空間に、今度はどんなミラクルが起きるのか?あなたもとっておきのコーディネートで参加して、その瞬間を見届けてほしい。


●ARTIST PROFILE
Mr. BEATS a.k.a. DJ CELORY
日本HIPHOPシーンの黎明期より、そのポジティブな姿勢と常に自然体であり続けるスタイルでシーンに確固たる地位を築いたSOUL SCREAM。そのサウンドを支えるプロデューサー&DJとして、日本HIP HOPシーン屈指の人気を誇るDJ CELORY a.k.a. Mr.BEATS。 93年頃からDJを初め94年にHAB I SCREAM、E.G.G MAN、ALG、SHIKI(97年に脱退)に出会いソウルスクリームを結成。以後現在に至るまで洋邦を問わずプロデュース&リミックスワークの多さで知られる一方でCLUB PLAYとしてのDJも大切にし、新木場ageHa、渋谷Harlem、Nuts、など数々のイベントで活躍中。また、HIPHOPアーティストのキングギドラ、ライムスター、DABO、餓鬼レンジャーのみならず佐野元春、佐藤竹善&Char、YMO、山嵐、などのRemixやディズニー公認によるディズニー・ブレイクス・アルバムにも楽曲を提供している。2003年3月には、HIP HOP、R&Bクリエイター陣が安室奈美恵と
コラボレートしたプロジェクトSUITE CHICにも参加し、より広い層にその存在感をアピールする事で枠に捕らわれないマルチな才能を発揮している。最近では、ZEEBRA 4th ALBUM「The New Begining」からの先行シングル「STREET DREAMS」の楽曲も担当し、高い評価を得ている。更に、国内だけでなく海外のアーティストとの仕事も積極的に行っており、JIGMASTAS(クリミナル&DJ スピナ)、TALIB KWELI とのコラボレーションやBLACK THOUGHT(THE ROOTS)、SISQO、O.C.、PEANUT BUTTER WOLFのRemixなど間違いないBEATを提供。音に対するこだわりがCELORY BEATを完全に確立、a.k.a.Mr BEATSの名にふさわしいサウンドを作り続けている。
DEXPISTOLS
20XX年、進化したテクノロジーは東京ストリート・カルチャー・シーンに2ピースDJバンドDEXPISTOLSを生み出すことになる。メンバーはリミキサー、プロデューサーとしても活躍するDJ Maarと、ファッションブランドRoc Starのメインデザイナーとしてもキャリアを続けるDJ Daruma。4台のCDJをサンプラーや楽器のように操り、サウンド・クラッシュ的な感覚で雑食系サウンドを展開、中毒者を続出させている。これまで、様々なクラブ・パーティー、フェスティバル、ファッション・イベントにゲスト出演。2007年の“Fuji Rock Festival’07”では2日目にRed MaqueeでJustice、Simian Mobile Discoらと共演。堂々とトリを務め、大観衆を熱狂の渦に巻き込んだ。2008年には自らが主宰するレーベルRoc Traxを本格始動させ、今年1月にDEXPISTOLSプロデュースによるRoc Traxクルーの音源をコンパイルしたアルバム 『ROC TRAX presents LESSEN.06 ROC TRAX JAM』をリリース。WOMBでのリリース・パーティ“Roc Trax Night”には多くのクラウドが集結し、シーンでの2人の人気を不動のものとした。また ZEEBRA、The Lowbrows等、メジャー、インディー問わず様々なアーティストのリミックスも手掛けている。コール&レスポンスを武器に、常に革新的なスタイルを実践し、常に斬新なアイディアを提議しつづけ、サウンド、そして様々なカルチャーを繋ぎ合わせる希有な存在DEXPISTOLS。
COUNTRY
DJ TOSHIYA
学生時代にSkateboardにはまった事がきっかけで、当時仲間がラジカセで流していたBLACK MUSIC、RAP、HIPHOPに出会う。その素晴らしさに魅了されるままにターンテーブルを購入し、1996年より地元山形県、宮城県仙台市等のCLUBにてDJとしてスキルを磨く。その後、20歳になると同時に活動拠点を東京に移し本格的にキャリアをSTARTさせた。上京後は現場(CLUB等)でのDJをする傍らRAPグループ"闇アガリ"(現在活動休止)のDJとなりグループとしての活動をSTART。【闇アガリ】 MC マサカリ , MC KSK , DJ TOSHIYA , Hi-vinegar (trackmaker) 全国各地のCLUBやBIGフェス等、数々の現場を経験しUnderground HIPHOPシーンに確固たる地位を築いた。活動休止後は、渋谷FM当時の人気番組「Minami Active Style」にて約2年間DJ MIXを担当すると共に、BIGフェス「渚音楽祭」や「FUKUOKALOVE&COLLECTION」、「岡山響音楽祭」や、「CLUB LAVA」(台湾台北)等にもDJとして出演。自身初となる台湾でのDJ PLAYでは週末詰め掛けた約600人ものCloudを魅了した。また、”Nicki Minaj -Pink Friday Tour 2012- at Zepp Tokyo”や”CALVIN HARRIS -JAPAN TOUR 2012- at SOUNDMUSEUM VISION”等海外アーティスト来日時の東京公演では国内DJ代表として唯一の出演を果たしている。経験と実績に裏打ちされたそのDJ PLAYは既に実証済み。他にもDJ Neil Armstrong?, KELI HILSON , Che'Nelle , MYA , STEVIE HOANG , DJ Clark Kent…他
Yun*chi
幼少時、母が日頃口ずさむ歌声を耳にしながら育ち、次第にボーカリストになりたいという想いを抱くようになる。ジャズダンスを15 年続け、常に音楽に触れて10 代を過ごす。やがてクラブカルチャーに出会い、そこで出会った仲間達と楽曲制作を経験。その作品を耳にした音楽クリエイターから支持され、数々のコン ピレーションアルバム等にボーカリストとして参加するようになる。アーティスト活動と同じくカメラマンであるJulieWatai の作品集『はーどうぇあ・がーるず』にはモデルとしても参加。その後も様々な雑誌、ミュー ジックビデオ等のモデルを経験。昨年11月にメジャーデビューし、その年のナタリー「2012年今年はこんな感じでした」人気の画像1位、ニュース年間アクセスランキング3位になるなど注目を浴びる。デビューミニアルバムのリード曲「Reverb*」は全国FMラジオ局パワープレイ30 局を獲得。新世代ポップアイコンとして印象的な声とキャラクターにも定評があり、2013年からラジオレギュラーパーソナリティーを担当。“モデル”“ラジオパーソナリティー”そして“シンガー”として、活躍の場がどんどん広がっていくYun*chiに注目だ。唯一無二の存在感、天然の倍音を含む透き通った印象的な歌声を武器に、エレクトロニックなビートと淡い光彩を放つメロディで、この世界を染めていく!!!

<< Calendar

2013.5.24 Fri. GOD night vol 2!!!
・Open 24:00
・Charge 2,000yen(1d) w/f 1,500yen(1d)
・Genre ALL GOOD MUSIC
・Artist DJs:GOD(SPINNS)
西村ひよこちゃん,
aquvi (阿久津ゆりえ)
KAZ。(SPINNS) and more
SHOP:marchi, PPP
FOOD:たこ焼き屋さん


原宿で大人気のSHOP"SPINNS"でディレクターとして活躍する一方、独特の個性を生かして独自のブランド"GODHARAJUKU"などでも話題奮闘中のGODが再びオールナイトイベント”GOD night!!!”を開催!今回も都内を中心に活躍するDJを中心に、渋谷、原宿で人気のある豪華なメンバーで最高に楽しい新感覚のPartyを繰り広げます!!
※コスプレでご入場のお客様は¥1000/1Dとさせていたていただきます。


●ARTIST PROFILE
GOD(SPINNS)

西村ひよこちゃん

aquvi (阿久津ゆりえ)


<< Calendar

2013.5.25 Sat. NIGHTPARK
・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1d)
・Genre HIP HOP/R&B/SOUL
・Artist GUEST: DJ IKU (Urban Force / TOKYOcreatist)
Resident DJ: TAMA a.k.a. SPC FINEST
YUI Resident LIVE: @djtomoko n Ucca-Laugh


真夜中の公園『NIGHTPARK』めでたく、3年目に突入 !!
今回は、DMCを始め、Redbull 3 the style等で数々の優秀な成績を残し、日本でもトップクラスのスキルを持つDJ IKUが登場!!間違いなく、オーディエンスを圧巻させるPLAYをしてくれます!!今回も、飲んで、踊って、騒ごう騒ごう!!真夜中の公園♪


●ARTIST PROFILE
DJ TAMA a.k.a. SPC FINESTN
「DJ TAMA THE UNIVERSAL」“DJ”という職業、業(ごう)を通して、札幌を起点にあらゆる人種や音楽ファンをコネクトする「プロ中のプロ」、それがDJ TAMA a.k.a SPC FINEST、である。その「だでカッケぇ、なまらヤベぇ」プレイ・スタイルは、オールド・スクールからカレントなメインストリームやアンダーグラウンド、日本語ラップまで、また、その元となったレア・グルーヴ、ジャズ、ファンク、ソウル、ロック、R&B、レゲエにエレクトロと、新旧問わず、ありとあらゆるジャンルから自身のフィルターを通した”踊れる”サウンドを抽出し、クラブ・イヴェントのメイン・タイムを張れるDJとして、フロアを熱狂の渦に変えてきたことはご存知の通り。彼の持ち味は、その“機を見るに敏なセットの使い分け”にある。例えば、バトルDJ/スクラッチ・テクニシャンとしては“日本チャンピオン”に輝いたほどのスキルを持ち、海外のターンテーブリストたちからも注目されているだけに、現在もショウケースを披露する際は必ずフロアの視線をDJブースに釘付けにするくらいの“構成力”を誇っている。そして、全国規模のダンス・コンテストのDJでは、ブレイキン以降の流れを指先で示し、レゲエのダンスではヒップホップとのクロスオーヴァーも自然にプレイし、エレクトロのパーティーでもカレントなアンセムだけでなく、様々なジャンルの音をエレクトロとしてフレッシュに聴かせる職人技を持っている(キツネ、スティーヴ・アオキ、エド・バンガーのビジー・Pらとも共演)。ヒップホップ・セットの引き出しの多さについては、言わずもがなだろう。また、その活動は、クラブのみならず、ラジオのレギュラー・ショウやミックスCD、そしてDJ SEIJI、KAZMANIACとのS.P.C.からソロを始めとするプロデュース、リミックス業までと、無限の広がりを見せている。
IKU
世界中で開催されているパーティDJの大会「Red Bull Thre3Style」、スクラッチなどのDJスキルを競う大会「Red Bull Street Style Dj Battle」にて日本人初の2連覇を果たし2010年にフランス・パリで行われた「Red Bull Thre3Style DJ Battle World Final」 には、アジア圏で唯一の日本人として世界大会に出場。
ターンテーブリスト特有のジャグリングとスクラッチでダイナミックかつ丁寧にビルドアップし、 縦横無尽にジャンルを横断するスタイルは、世界的に有名なDJ JAZZY JEFFをはじめ、スクラッチの神様と言われる DJ Q-‐BERTからも 高い評価を受け、ゴールドパネルのミキサーを手渡される。
スキル+エンターテイメント+コミュニケーションをテーマに会場をロックする日本を代表するターンテーブリスト である。

DJ YUI
北海道CLUBシーン最前線に立ち、北海道GIRLS DJのアイコン的存在にまで成長した。しかしながら、夢と希望を胸に、2008年東京に進出。数年足らずで、東京渋谷CLUB界隈を中心にレギュラーイベントを数本抱える事になる。女性ならではの感性にプラスし、ルックスからは想像のつかないGROOVEの選曲にはオリジナルを感じさせる。まだまだ想い描く未来への現在進行形な彼女に期待したい。
BLOG:http://ameblo.jp/yui35/
[レギュラー情報]
第一水曜日RockCity@Glad
第二土曜日Sexxxpot@axxcis
第三水曜日Hevens Wednesday@渋谷ELF
火曜日BLUEMAGIC@27destiny
最終木曜日LadyzTrap@麻布十番DIXLOUNGE

<< Calendar

2013.5.31 Fri. THE BEETHOVEN 1st LIVE OFFICIAL AFTER PARTY Supported by TO GOTHICS
・Open 23:00
・Charge Door 3,000yen(1d)
・Genre ELECTRO/TECHNO/SHOW CASE
・Artist HOST:THE BEETHOVEN
DJ's:DJ-ADAPTER。, GIZMO KILLED THE STRIPES, si oux (VIVE VAGINA), ニーコ (SHAMPOOOOO), and more…


【チケットに関するお問合せ】
ART POP ENTERTAINMENT
TEL. 045-650-2155 (平日12:00-19:00)
http://www.artpop.org



新バンド『THE BEETHOVEN』結成記念!!

●ARTIST PROFILE
THE BEETHOVEN

DJ-ADAPTER。

GIZMO KILLED THE STRIPES

si oux (VIVE VAGINA)


<< Calendar